あなたのお仕事武勇伝、もう古い?

「バリバリのキャリアウーマン」と聞くと、どんな女性像をイメージしますか? 私は、かっこいいタイトスカートのスーツをビシッと着こなして、髪型はさらさらロングかオシャレなショート、ハイヒールをカッカッと履きならしながら颯爽とオフィスを歩く、ハキハキした20~40代くらいの女性がパッと頭に思い浮かびます。仕事に情熱を注ぎ、どんな難しいタスクもやり遂げる……そんなスーパーウーマンをイメージします。

フルタイムで働いている女性であれば、誰しも一度はそんな理想的でかっこいいワーキングウーマンになりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。私もそのうちの一人です。でも現実はそんな甘いものではありません。思ったように仕事がうまくいかないことなんて日常茶飯事。

また、独身時代は自分の自由に時間を使って仕事に没頭できたものの、結婚するとなかなかそうもいきません。夫の予定も考えないといけない、家のこともしないといけない、こどもの面倒も見ないといけない……など、さまざまな縛りが発生してきます。

でもだからといってそれを言い訳にして仕事のパフォーマンスを疎かにしたくないし、「これだから女性社員は困るんだよね」といったレッテルを張られたくない。そんな思いもあり、何とか仕事とプライベートを両立しようと頑張っている女性も多いかと思います。

そのような努力は素晴らしいことだと思います。でも、それをあたかも「私、仕事のためにこんなに頑張っているのよ」といった武勇伝のようにしてしまうと、話がちょっとおかしくなってきます。この傾向は、私のようなアラフォー世代やその上の世代の女性たちに多いようです。

私の場合、勤務時間終了後もパソコンを家に持ち帰って仕事を続けていました。誰が見ているわけでもないのにパソコン上のIM (インスタント・メッセージ)をグリーンにしておき、「私は家でも仕事をやっているんだよ」アピールを怠らないようにして、土日や夜の遅い時間でもメールを発信しました。ほら、女性でも男性と同様、もしくはそれ以上にしっかり責任を持って仕事をしているでしょ? そんなメッセージを送っているつもりだったのかもしれません。

私と同年代の友人女性の中には、出産後はベビーシッターを雇い、自分は今までどおりフルタイムでしっかり働く……そんな選択をした人もいました。私たち世代が頑張ることで、これから働く女性に平等のチャンスが与えられる。そして、これからの若い世代の女性たちに働く希望を与えることができる……そう思っていました。

でも、先日ミレニアル世代の女性社員たちと話す機会があった時、この思いを180度覆すようなコメントを聞いたのです。彼女たちの意見は、「もちろん仕事を頑張り、社会に貢献していきたい。でも、プライベートも充実させたい。そのためには、先輩女性たちに私生活を犠牲にしてまで仕事に没頭するスタイルをよしとする流れを作り上げてほしくない。それを武勇伝のように話すのではなく、公私ともに充実できるようなワーキングスタイルへの改革を進めてくれたら嬉しい」というものでした。私は頭をガーンと打たれたような思いになりました。次世代の女性たちのためによかれと思ってやっていたことが、実は望まれていることと真逆だったのです。

それを聞いた時、正直最初は「私たちがどれだけ頑張ってここまできたと思ってるの? これだから今の若い女性は……」と思ってしまいました(典型的なオバサン思考?)。でも確かに、持続的に皆がハッピーに仕事をしていくために、そしてこれからの未来を担っていく若い世代が働きやすいようにするためには、発想の転換が必要だなと思ったのです。今でもときどきパソコンを持ち帰って仕事をしてはいますが、ワークライフバランスって何だろうと考えながら仕事をするようになりました。

「バリバリのキャリアウーマン」という言葉。いつの日か、それがかっこいい!という代名詞ではなくなる時が来るのかもしれませんね。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

北村祐子 (Yuko Kitamura)

北村祐子 (Yuko Kitamura)

ライタープロフィール

在米23年。津田塾大学を卒業後に渡米し、ルイジアナ大学でMBAを取得後、テキサス州ダラスにある現在の会社で勤務すること20年目。ディレクターとして半導体関係の部品サプライチェーン業務に関わるかたわら、アメリカで働く日本人女性を応援しようと日々模索中。モットーは、「鳴かぬなら 鳴かせてみせよう ホトトギス」。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る