Disco International

代表的な「Chill」の4つの用法

皆さんは英語を話す際に「Chill」という単語を使っていますか?ネイティブの人とよく話す機会がある人はお気づきかと思いますが、この「Chill」という単語はネイティブの会話では結構な頻度で用いられています。本来は「冷える・冷やす」または「寒気」などを意味する単語ですが、全く違った意味で使われることもあるので、今日はネイティブがよく口にする表現を4つご紹介いたします。


1) It’s chilly
→「肌寒い・冷んやりする」

“Chilly”は“Cold”ほどではないが、ちょっと肌寒いことを意味します。日本の春または秋の朝夕のような冷んやりした気温や、エアコンで必要以上に冷えた部屋にいる場合によく使われる表現です。

✔︎使い方:「Be動詞」 + 「Chilly」

・It’s pretty chilly this morning.(今朝はちょっと冷んやりするね。)
・It’s a little chilly in here. Can you turn down the AC?(この部屋ちょっと肌寒いね。エアコンを弱めてくれますか?)
・It was chilly in San Francisco.(サンフランシスコは肌寒かったです。)

2) Have/Got the chills
→「寒気がする」

このフレーズは、病気などで寒気を感じて身体がブルブルしたり、気持ち悪いものを見てゾッとしたりぞくぞくしたりすることを表現する場合に用いられます。例えば、発熱で寒気を感じる時は「I have the chills.(寒気がする)」と表します。しかし、恐怖心を表す場合は「Give one the chills(ゾッとする)」と言うのが一般的です。

・I have the chills. I might have a fever.(寒気がします。熱があるかも。)
・Last night I suddenly got the chills and started shaking.(昨夜な、なんか急に寒気がして、身体がブルブル震えだしてん。)
・Did you see that picture? It gave me the chills!(あの写真見た?ゾッとしたよ!)

3) Chill (out)
→「落ち着く・落ち着け」

家でのんびりしている状態やリラックスできる穏やかな音楽、またはお店の落ち着いた雰囲気などを表現する際に用いられるフレーズです。また、興奮している人、テンパっている人、激怒している人などに対して「落ち着いて!」と言う際に、「Calm down」の代わりに「Chill out」と言うこともできます。

✔︎動詞として使う場合は「Chill」と「Chill out」どちらでもオッケーだが、形容詞として使う場合は「Chill」のみになる。
✔︎どちらかというと若者が使う表現。

・I’m watching TV and just chilling at home. What are you doing?(【電話の会話】家でテレビを見てのんびりしてるよ。あなたは何をしているの?)
・I love Nujabes. His songs are really chill.(Nujabesの音はとても落ち着いていて大好きです。)
・Stop yelling. Chill out!(怒鳴らんといてっ!落ち着きーやー。)

4) Chill (out)
→「遊ぶ」

「Chill (out)」は上記3)以外にも「遊ぶ」の意味としても用いられます。しかし、クラブやパーティーに行って派手に遊ぶというよりは、カフェや居酒屋で友達と一緒にゆっくりとした時間を過ごすニュアンスになります。同じ意味を持つ表現に「Hang out」という言い方がありますが、「Chill (out)」の方が若者の間で使われる傾向があります。友達に「今夜遊ぼうよ」と誘う場合は「Let’s chill (out) tonight.」と表現します。

✔︎「〜と遊んでいる」は「Chill (out) with _____」
✔︎私の周りでは「遊ぶ」の意味として使う場合「Chill out」ではなく「Chill」と言っている。

・Are you busy tonight? Let’s chill.(今夜忙しい?遊ぼうよ。)
・I’m chilling with Mike at Starbucks right now.(今、マイクとスターバックスにいるよ。)
・Do you want to grab some beers and chill tonight?(今夜ビールでも飲みに行かへん?)
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Pechanga Resort Casino
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る