〔韓国〕ロッテ持ち株、日本バーガーキング株売却

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

韓国ロッテグループのロッテ持ち株が、日本でバーガーキングを運営するバーガーキング・ジャパンホールディングスの全株式を売却した。売却先は韓国バーガーキングの筆頭株主である香港系プライベート・エクイティ・ファンド(PEF)のアフィニティ・エクイティ・パートナーズ(AEP)で、売却規模は約100億ウォン(約8億7634万円)。

ロッテは2010年、200億ウォンの負債を引き継ぐ条件でバーガーキング・ジャパンホールディングスを100円で買収した。ただ、買収後は18年まで、毎年100億ウォン台の赤字を計上していた。AEPは22年までに50億円を投じて、店舗数を現在の3倍となる約300店に拡大する計画だ。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る