2019年11月のビザブルテンの発行について

文/デビッド・シンデル(Text by David Sindell)

国務省(DOS)は、下記の通り、2019年11月のビザブルテンを発行しました。もっとも注目すべき点は、ほぼすべてのカテゴリーにおいて着実にプライオリティデートが前進していることです。
ビザブルテン

EB-1全国籍
•中国:プライオリティデートが2017年2月1日( 93日前進)
•インド:プライオリティデートが2015年1月1日(変更なし)
•エルサルバドール、グアテマラ、ホンデュラス、メキシコ、フィリピン、ベトナム、その他の地域:プライオリティデートが2018年6月1日(40日前進)

EB-2全国籍…プライオリティデートは現在時点有効。ただし、以下国籍を除く。
•中国:プライオリティデートが2015年3月15日( 74日前進)
•インド:プライオリティデートが2009年5月13日(1日前進)

EB-3全国籍…プライオリティデートは現在時点有効。ただし、以下国籍を除く。
•中国:プライオリティデートが2015年11月1日(変更なし)
•インド:プライオリティデートが2009年1月1日(変更なし)
•フィリピン:プライオリティデートが2018年2月1日(581日前進)

米国移民局によるステイタス変更のための日付

米国移民局は、当会計年度において把握している申請数(各カテゴリーごとの永住権申請数)よりも多くの移民ビザ発行残数があると判断した場合、Application Final Action Dates の表ではなく、こちら www.uscis.gov/visabulletininfoのページ内で、国務省の2019年11月のビザブルテンにあるDates for Filing Visa Applicationsの表を利用するよう発表される場合があり、2019年11月第1週目においては、Dates for Filing Visa Applicationsの表を利用するよう指示が出ています。 現時点のこの発表の限りでは、2019年11月にどちらの表を使用すべきかの決定は下されていません。

チャーリー・オッペンハイム氏の見解

アメリカ国務省ビザ統制報告部部長で、移民の優先カテゴリーの分析および予測を担当するチャーリー・オッペンハイム氏によると、2019年11月の分析および予測記録はまだ発表されていないということです。弊社では、このような情報が今月公開された場合、随時お知らせいたします。

ご質問がある場合は、お気軽に当事務所までお問い合わせください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

デビッド・シンデル (David Sindell)

デビッド・シンデル (David Sindell)

ライタープロフィール

NY州およびNJ州弁護士資格。外国法事務弁護士(外弁)として東京第2弁護士会所属。アメリカ移民法弁護士協会所属。日本語、フランス語に堪能。

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る