〔韓国〕ローツェが追加受注、サムスンへパネル装置

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

半導体・液晶製造装置メーカーのローツェ(広島県福山市)が、韓国パネル大手のサムスンディスプレーから約318億ウォン(約30億円)分のディスプレー製造装置を受注した。6日に発表されたサムスンディスプレーと同社のベトナム法人から請け負った計28億円規模の案件に続く、追加受注となる。

韓国子会社のローツェ・システムズ・コーポレーションが受注した。ローツェ側は「装置の種類や内訳などの詳細は非公表」としている。

ローツェ・システムズ・コーポレーションは1997年に設立。これまでにも、サムスングループをはじめとする現地メーカーにディスプレー製造装置を供給してきた。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る