〔マレーシア〕衣料品在庫処分のショーイチ、5店目を開業

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

ショーイチが展開するアパレル店「カラーズ」が15日にオープンした店舗=クアラルンプール(同社提供)

衣料品などの在庫処分サービスを手掛けるShoichi(ショーイチ、大阪市)は24日、マレーシア・クアラルンプール(KL)にアパレル店を新規開店したと発表した。日本国内で余剰在庫となり、廃棄処分に回されるアパレル商品を販売する。同国ではポップアップ店を含め5店舗目の展開となる。

ブキビンタン地区の商業施設「ファーレンハイト88」内に衣料品店「ジャパン・ファッション・スタジオ・バイ・カラーズ」を15日にオープンした。売り場面積は約30坪(約100平方メートル)。レディースを中心に約4000着の商品を取りそろえる。メンズ商品やアパレル雑貨、化粧品も扱う。商品の価格帯は15〜70リンギ(約390〜1800円)。ファストファッションブランドより低価格で日本のアパレル商品を提供し、需要を創出する。

ショーイチはマレーシアで、昨年11月にクアラルンプール国際空港(KLIA)敷地内のアウトレットモール「三井アウトレットパーク」内にポップアップ店を開設(今夏まで営業)して以来、KL中心部の商業施設に2店舗、ジョホール州ジョホールバルの商業施設内に1店舗を展開する。東南アジアではこのほか、カンボジアの3カ所に出店する。

ショーイチの山本昌一社長はNNAに対し、マレーシアでの店舗展開について「良い場所が見つかったため、ペースが速くなった」と説明し、「全店舗が初月から黒字だ」と話した。今後は各店舗の売り場面積を拡大していき、店舗数は向こう2年で10店ほどにする考えを示した。他国への展開については「現地で良いパートナーが見つかれば検討する」という。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. カナダ東部のケベック州は、人口の80%がフランス系移民、フランス語を公用語とする異色の州。そ...
  2. 私は長い間、天国を探して生きてきたような気がする。ほとんど前進していないのろまさだが、一応、...
  3. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  4. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  5. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  6. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  7. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  8. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
ページ上部へ戻る