〔マレーシア〕MISC、日本郵船などとLNG船共同保有

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

マレーシアの海運大手MISCは24日、日本郵船、三菱商事と3社で液化天然ガス(LNG)運搬船2隻を共同保有すると発表した。2隻は、三菱商事やマレーシアの国営石油ペトロナスなどが出資するカナダのLNGプロジェクト向けのLNG輸送船となる。

3社が共同保有する2隻は現在、韓国の現代三湖重工業が建造しており、2021年の引き渡しを予定している。積載容量は各約17万4000立方メートル。3社は同日、東京で合意文書に署名した。

日本郵船によると、共同保有するのは、同社が昨年末、三菱商事の完全子会社であるダイヤモンド・ガス・インターナショナル(DGI、本社シンガポール)と定期用船契約を結んだ3隻のうちの2隻となる。今回、MISCと日本郵船、三菱商事の3社が合弁で、共同保有のための特別目的会社(SPC)を設立。「SPCがDGIとの定期用船契約の下、DGIに船を貸し出す形となる」と説明した。

定期用船契約の期間は竣工後、約17年間となる。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る