〔ミャンマー〕トッパンフォームズ系、オフショア会社設立

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

トッパンフォームズグループのトスコ(岡山市)は10月1日、ミャンマー最大都市ヤンゴンに新会社を開設する。グループ初のミャンマー拠点で、日本法人のオフショア開発などを手掛ける。

現地法人「トスコ・ミャンマー」は、チャウタダ郡区にある「スーレー・スクエア」に拠点を構える。資本金は40万米ドル(約4300万円)で、トスコが全額出資する。ソフトウエア開発のほか、現地企業や日系企業へのIT分野の人材派遣、ITエンジニアへの日本語やプログラミングなどの教育を事業の柱とする。

トスコは、システムインテグレーションなどのITソリューションを手掛ける。2015年からミャンマーで新卒採用を開始し、19年5月時点で累計77人を採用している。現地法人の設立を契機に、オフショア開発やミャンマーでの新たな事業基盤の構築に取り組み、今後5年で従業員を開設当初の50人から100人規模に拡大する計画だ。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る