〔シンガポール〕東芝エネ、水素電力システムを海外初納入

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

東芝エネルギーシステムズが海外で初めて納入した自立型水素エネルギー供給システムH2One(同社提供)

東芝エネルギーシステムズは30日、電力・ガスの供給などを手掛けるシンガポール政府系企業SPグループの子会社に、自立型水素エネルギー供給システム「H2One」を納入したと発表した。海外で納入するのは初めて。他国展開の足掛かりとする考えだ。

SPグループ傘下のSPキャピタルに納品した。今月から稼働している。H2Oneの稼働台数は国内外合わせ12台になった。

H2Oneは、水素を製造する水電解装置、水素貯蔵タンク、純水素燃料電池、蓄電池などから成る。発電状況や電気使用量、水素の製造・貯蔵量を自動制御するエネルギーマネジメントシステムも備える。電力を水素に変換して貯蔵することで、電力を安定的に供給できるため、再生可能エネルギーを効率的に利用するのに重要な役割を果たせるという。

SPキャピタルに納品したのは20フィートコンテナサイズのワンコンテナモデルで、燃料電池の定格出力は3.5キロワット(kW)、蓄電池は10kW。受注額は非公表だ。SPキャピタルはH2Oneを活用し、シンガポールの電力系統運用に対する水素エネルギーの有効性を検証する。

東芝エネルギーシステムズの広報、高瀬悠氏はNNAの取材に対し「インドネシアやフィリピンでも、電力会社などとH2One導入の話を進めている」と明かした。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  2. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  3. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
  4. イリノイ州の南西、ミシシッピ川のすぐそばに位置するカホキア・マウンド州立史跡は、北アメリカ最...
  5. 2021年8月5日

    第81回 街に出ようよ
    1年半のコロナ禍を経て、ようやく以前の人間らしい生活が再開した。この時を待ち望んでいた。屋外...
  6. 老化を引き起こす3つの要因 老化を加速させる3つのキーワードは、“酸化” “糖化” “炎症”。夏は...
  7. 「日本酒の未来をつくる」をビジョンに掲げて2013年に設立された、日本酒事業を行うスタートア...
  8. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
ページ上部へ戻る