〔ミャンマー〕双日、シンガポールの通信塔会社に出資

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

双日は、マレーシアの通信塔事業会社イードットコー傘下のイードットコー・シンガポールに出資する。ミャンマー大手財閥サージ・パン・アンド・アソシエーツ・ミャンマー(SPA)傘下のヨマ・ストラテジック・ホールディングスから、イードットコー・シンガポール社の株式の12.5%を取得する。取得額は5750万米ドル(約63億円)。

シンガポール証券取引所(SGX)に上場するヨマ・ストラテジック・ホールディングスの開示資料から明らかになった。同社の子会社のYSHファイナンスが、保有していたイードットコー・シンガポール株を放出する。残る87.5%の株式は、イードットコー・インベストメンツ(ラブアン)が保有する。

双日は13日、ヨマ・ストラテジックの発表内容についてNNAに事実と認めた。詳細については「準備ができ次第発表する」として明かさなかった。ヨマ・ストラテジックは、売却で得た資金を中核事業の拡大や債務の返済に充てる。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る