〔マレーシア〕パナが整水器・浄水器にハラル認証、日本初

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

パナソニックは27日、滋賀県彦根工場で生産しマレーシア向けに輸出している家庭用のアルカリイオン整水器、浄水器、交換用カートリッジの計18品番が、マレーシア・イスラム開発局(JAKIM)からハラル(イスラム教の戒律で許されたもの)認証を取得したと発表した。日本で生産された家電製品がハラル認証を取得するのは初めて。

認証を受けたのは、アルカリイオン整水器(4品)、浄水器(5品)、交換用カートリッジ(9品)の計18品番。アルカリイオン整水器は、浄水後の水を電気分解してアルカリ性の電解水を生成する。

マレーシアでは近年、経済成長とともに健康意識が高まり、浄水器市場が伸長している。パナソニックの広報担当者によると、今回認証を取得した製品は、日本国内で製造しマレーシア向けに既に輸出しているもの。これまでも「日本製」をうたい品質の高さや安全性をアピールしてきたが、「ハラル認証を取得したことで、イスラム教徒(ムスリム)の消費者にさらなる安心感を与えることができる」と期待する。

家電製品へのハラル認証については、シャープがインドネシアで生産する冷蔵庫に関して取得した例がある。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る