〔中国〕ZOZO、中国ネット通販に再進出

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN(ゾゾタウン)」を運営するZOZOは10日、中国版サイト「ZOZO」のサービスを開始したと発表した。日本のゾゾタウンに出店中のショップから計177店が出店する。経済成長に伴い、中国人のファッション消費が増えているほか、日本ブランドの人気が高まっていることから約7年ぶりに中国市場に再挑戦する。

中国版ゾゾタウンには「アダムエロペ」「チャオパニック」「オリーブ・デ・オリーブ」など人気ブランドが出店。出店ブランドは日本のゾゾタウンと同じ料金で中国サイトにも出店できるようにした。商品は日本国内の物流センター「ZOZOBASE」で管理し、中国から注文が入るごとにZOZOBASEから発送する。日本から中国への配送や通関は、2月に上海市で設立した中国法人「上海走走信息科技」がサポートする。

中国版ゾゾタウンではこのほか、ZOZOが運営するファッションコーディネートアプリ「WEAR」の機能を活用し、コーディネート投稿やトレンドブランドのニュースなどの情報を発信し、商品の購入につなげる狙い。

ZOZOは2011年10月に中国市場に参入したが、13年1月に撤退していた。ZOZOの広報担当者は「当時は若い顧客層の所得に販売価格が合わなかった。また中国の電子商取引(EC)サイト内に出店したため、デザインなどの自由度も低かった」と説明。中国の1人当たりの年間ファッション消費額は12年と比較して約4倍に成長したほか、ファッション小売市場のEC化も進んでいるといい、環境が整ったとみて再挑戦を決めた。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る