〔シンガポール〕三井住友海上らの連合、デジタル銀行免許申請

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

シンガポールの投資会社V3グループが率い、三井住友海上火災保険などが参加するコンソーシアム(企業連合)「ビヨンド(BEYOND)」は、同国のデジタル銀行のフルバンク免許の取得を申請した。現地の約7割を占める中小企業に対し、保険商品を含む金融サービスを提供していく考えだ。

V3グループはシンガポール人実業家ロン・シム氏が率いる投資会社で、健康関連機器のオシム、高級紅茶ブランド「TWGティー」などを傘下に持つ。

コンソーシアムにはV3グループや三井住友海上火災保険の現地法人のほか、不動産開発大手ファー・イースト・オーガニゼーション、経済団体のシンガポール事業連盟(SBF)、交通系ICカードのEZリンク、政府系投資会社テマセク傘下のヘリコニア・キャピタル・マネジメントが参画。計6社・団体で構成されている。

これまでに明らかになっている中で、日系企業がデジタル銀行の免許申請に参画したのは、三井住友海上火災保険が初めて。既存の銀行だけでなく、今後はデジタル銀行の存在感が増すと見込んでいることから、コンソーシアムへの参加を決めた。

同社の広報担当者はNNAの取材に対し、「アジアで個人や中小企業向けの保険販売をするに当たり、バンカシュアランス(銀行による保険販売)は非常に効果的な販売チャンネル」と指摘。デジタル銀行を革新的な保険商品を販売する実験場とし、デジタルビジネス拡大に生かすのが狙いと説明した。

デジタル銀行とは実店舗を持たないオンライン専業の銀行。シンガポール金融管理庁(MAS)は最大2者に金融サービス全般を認めるフルバンク、最大3者に中小企業など向けのホールセール・バンク(法人向け銀行)の営業免許を付与する方針。免許申請を昨年末まで受け付けていた。

フルバンクの免許はこのほか、配車サービス大手グラブと通信最大手シンガポール・テレコムのコンソーシアム、ゲーム周辺機器のレイザーが率いるコンソーシアムの2者が申請した。

ホールセール・バンク免許には、少なくとも5者が申請したことが明らかになっている。

情報提供:株式会社NNA

アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。

https://www.nna.jp/club_contents/index

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る