新型コロナウイルス感染症「コーヴィッド19(COVID-19)」情報を収集できるウェブサイト

引き続き世界各地に感染が拡がっていて終息の目処がたたない新型コロナウイルス感染症「コーヴィッド19(COVID-19)」

人々の不安は高まっているが、客観的に感染の状況確認や自己診断ウェブサイトができている。それらの中から役に立つものをいくつか紹介したい。

COVID-19 トラッカー
マイクロソフト社(Microsoft)は世界各地の感染状況がひと目でわかるポータルサイト「 COVID-19 トラッカー」を公開した。

世界地図上に感染度合いを赤い円で表示している。そこから治療中感染者数や回復者数、死亡者数をみることができる。この数値は世界保健機関(WHO)、米国疾病対策予防センター(CDC)、欧州疾病予防管理センター(ECDC)など正確さが要求される機関の情報を基にしている。

Project Baseline by verily
アルファベット(Apphabet)傘下の生命科学研究の新興企業ヴェリリー(verily)は無料検査を受ける条件を満たしているかどうかを個人が自己判断できるウェブサイトを立ち上げている。

現在はまだカリフォルニア州サンタ・クララ郡とサン・マテオ郡の住民のみを対象としているが、質問を答えることで自分が検査対象者かわかるようにするもの。
サイトを利用するには18歳以上で英語の読み書きに支障がないというような条件が求められている。

その他、以下のサイトでも各種最新情報が公開されているので確認したい。

■国際航空運送協会(IATA)
渡航制限などの情報を定期的に更新。
https://www.iatatravelcentre.com/international-travel-document-news.htm

■米国疾病対策予防センター(CDC)
アメリカ国内の感染状況やニュースを更新。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html

■外務省海外安全ホームページ
日本の行政省庁のひとつ。世界各地への渡航時の注意事項や勧告情報を更新する。
https://www.anzen.mofa.go.jp/

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  2. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  3. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
  4. 気温の上昇とともに紫外線量も多くなる春先は、メラニンが過剰に生成され、日焼け、シミ、そばかす...
  5. 2021年4月6日

    じゃあ、またね
    私たちは皆それぞれ趣味を持っている。コロナ禍の巣ごもり生活の間に、鉢植えやベランダ菜園を始め...
  6. No.1 グレイシャー国立公園 Glacier National Park モンタナ州 ...
  7. 今、「代替食品」への関心が世界中で急速に高まっている。今回、一個人の探究心から始まり、斬新な...
  8. ルイジアナ州の北東、延々と広がる田園風景の中に、ぽつりと静かに佇む遺跡がある。かつてアメリカ...
ページ上部へ戻る