新型コロナウイルス感染症「コーヴィッド19(COVID-19)」情報を収集できるウェブサイト

引き続き世界各地に感染が拡がっていて終息の目処がたたない新型コロナウイルス感染症「コーヴィッド19(COVID-19)」

人々の不安は高まっているが、客観的に感染の状況確認や自己診断ウェブサイトができている。それらの中から役に立つものをいくつか紹介したい。

COVID-19 トラッカー
マイクロソフト社(Microsoft)は世界各地の感染状況がひと目でわかるポータルサイト「 COVID-19 トラッカー」を公開した。

世界地図上に感染度合いを赤い円で表示している。そこから治療中感染者数や回復者数、死亡者数をみることができる。この数値は世界保健機関(WHO)、米国疾病対策予防センター(CDC)、欧州疾病予防管理センター(ECDC)など正確さが要求される機関の情報を基にしている。

Project Baseline by verily
アルファベット(Apphabet)傘下の生命科学研究の新興企業ヴェリリー(verily)は無料検査を受ける条件を満たしているかどうかを個人が自己判断できるウェブサイトを立ち上げている。

現在はまだカリフォルニア州サンタ・クララ郡とサン・マテオ郡の住民のみを対象としているが、質問を答えることで自分が検査対象者かわかるようにするもの。
サイトを利用するには18歳以上で英語の読み書きに支障がないというような条件が求められている。

その他、以下のサイトでも各種最新情報が公開されているので確認したい。

■国際航空運送協会(IATA)
渡航制限などの情報を定期的に更新。
https://www.iatatravelcentre.com/international-travel-document-news.htm

■米国疾病対策予防センター(CDC)
アメリカ国内の感染状況やニュースを更新。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html

■外務省海外安全ホームページ
日本の行政省庁のひとつ。世界各地への渡航時の注意事項や勧告情報を更新する。
https://www.anzen.mofa.go.jp/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る