新型コロナウイルス感染症「コーヴィッド19(COVID-19)」情報を収集できるウェブサイト

引き続き世界各地に感染が拡がっていて終息の目処がたたない新型コロナウイルス感染症「コーヴィッド19(COVID-19)」

人々の不安は高まっているが、客観的に感染の状況確認や自己診断ウェブサイトができている。それらの中から役に立つものをいくつか紹介したい。

COVID-19 トラッカー
マイクロソフト社(Microsoft)は世界各地の感染状況がひと目でわかるポータルサイト「 COVID-19 トラッカー」を公開した。

世界地図上に感染度合いを赤い円で表示している。そこから治療中感染者数や回復者数、死亡者数をみることができる。この数値は世界保健機関(WHO)、米国疾病対策予防センター(CDC)、欧州疾病予防管理センター(ECDC)など正確さが要求される機関の情報を基にしている。

Project Baseline by verily
アルファベット(Apphabet)傘下の生命科学研究の新興企業ヴェリリー(verily)は無料検査を受ける条件を満たしているかどうかを個人が自己判断できるウェブサイトを立ち上げている。

現在はまだカリフォルニア州サンタ・クララ郡とサン・マテオ郡の住民のみを対象としているが、質問を答えることで自分が検査対象者かわかるようにするもの。
サイトを利用するには18歳以上で英語の読み書きに支障がないというような条件が求められている。

その他、以下のサイトでも各種最新情報が公開されているので確認したい。

■国際航空運送協会(IATA)
渡航制限などの情報を定期的に更新。
https://www.iatatravelcentre.com/international-travel-document-news.htm

■米国疾病対策予防センター(CDC)
アメリカ国内の感染状況やニュースを更新。
https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/index.html

■外務省海外安全ホームページ
日本の行政省庁のひとつ。世界各地への渡航時の注意事項や勧告情報を更新する。
https://www.anzen.mofa.go.jp/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  2. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  3. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  4. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  5. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  6. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  7. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  8. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  9. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  10. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
ページ上部へ戻る