メンタルヘルスの低下で、さらに多くの解雇が起きる可能性も

stress

コロナ禍によって企業活動は大きなダメージを受けている。企業自体だけでなく、従業員のメンタルヘルスがこれほど不安定になったことはこれまでない。コロナウイルスの大流行により、雇用主と従業員の両方が極度の緊張状態に陥っていることが明らかになった。

Employco USAが行った最近の調査では、多くの雇用主が経済的な将来について非常に暗い見通しを持っていることがわかった。85%の雇用主が、今後6ヶ月間の米国の経済状況について強い見通しを持っておらず、そのうち半数以上の雇用主が、今後6ヶ月間にさらにレイオフや一時帰宅が必要になると予想している。

「当社調査によると、最悪の状況はまだ終わっていないことがわかりました 。国内の多くの地域ではリオープンが遅れていますが、より多くの従業員をレイオフせずに企業が2021年を乗り切るためにはまだまだ十分ではないでしょう。」 雇用ソリューション会社Employco USAのロブ・ウィルソン社長は述べている。

ウィルソン氏によると、将来を恐れ心配しているのは雇用者だけではないという。従業員もまた、自分の仕事が安定していないことを実感し、自分の会社がさらにレイオフに直面するかもしれないことを悩んでいるそうだ。

今回の調査で、雇用主は今、本当に厳しい戦いに直面しているだけでなく、従業員はメンタルヘルスの不調に悩まされている可能性が3倍高いことが判明した。従業員の半数以上が、燃え尽きや感情的ストレスの管理について、人事部と生産的な会話ができていないという。

雇用主が従業員をサポートし、生産性を高く維持するための最善の方法の一つは、労働者のメンタルヘルスに投資することだと述べている。雇用主はこれまで以上に、感情的な幸福をサポートし、従業員をサポートし、安全な文化を作る方法を探すことが本当に重要です」とウィルソン氏はアドバイスしている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 今年、UCを卒業するニナは大学で上級の日本語クラスを取っていた。どんな授業内容か、課題には...
  2. ニューヨーク風景 アメリカにある程度、あるいは長年住んでいる人なら分かると思うが、外国である...
  3. 広大な「バッファロー狩りの断崖」。かつて壮絶な狩猟が行われていたことが想像できないほど、 現在は穏...
  4. ©Kevin Baird/Flickr LOHASの聖地 Boulder, Colorad...
  5. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  6. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  7. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  8. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
ページ上部へ戻る