メンタルヘルスの低下で、さらに多くの解雇が起きる可能性も

stress

コロナ禍によって企業活動は大きなダメージを受けている。企業自体だけでなく、従業員のメンタルヘルスがこれほど不安定になったことはこれまでない。コロナウイルスの大流行により、雇用主と従業員の両方が極度の緊張状態に陥っていることが明らかになった。

Employco USAが行った最近の調査では、多くの雇用主が経済的な将来について非常に暗い見通しを持っていることがわかった。85%の雇用主が、今後6ヶ月間の米国の経済状況について強い見通しを持っておらず、そのうち半数以上の雇用主が、今後6ヶ月間にさらにレイオフや一時帰宅が必要になると予想している。

「当社調査によると、最悪の状況はまだ終わっていないことがわかりました 。国内の多くの地域ではリオープンが遅れていますが、より多くの従業員をレイオフせずに企業が2021年を乗り切るためにはまだまだ十分ではないでしょう。」 雇用ソリューション会社Employco USAのロブ・ウィルソン社長は述べている。

ウィルソン氏によると、将来を恐れ心配しているのは雇用者だけではないという。従業員もまた、自分の仕事が安定していないことを実感し、自分の会社がさらにレイオフに直面するかもしれないことを悩んでいるそうだ。

今回の調査で、雇用主は今、本当に厳しい戦いに直面しているだけでなく、従業員はメンタルヘルスの不調に悩まされている可能性が3倍高いことが判明した。従業員の半数以上が、燃え尽きや感情的ストレスの管理について、人事部と生産的な会話ができていないという。

雇用主が従業員をサポートし、生産性を高く維持するための最善の方法の一つは、労働者のメンタルヘルスに投資することだと述べている。雇用主はこれまで以上に、感情的な幸福をサポートし、従業員をサポートし、安全な文化を作る方法を探すことが本当に重要です」とウィルソン氏はアドバイスしている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る