米国移民局、2020年10月2日施行予定の新申請費用を発表

文/デビッド・シンデル(Text by David Sindell)

米国土安全保障省 (Department of Homeland Security:通称DHS) は、2020年7月31日に永住権および米国市民権等のビザ発行にともなう申請費用の変更を正式に決定したことを発表しました。施行日は2020年10月2日からとされており、同日またはその日付以降に提出される申請書においては、下記の通り変更された申請費用を支払う対象になります。なお、主に弊社で取り扱っているビザの申請費用の変更は以下の通りです。

I-129フォームによる非移民ビザ申請費用:
これまで均一料金であったI-129フォームによる非移民ビザ申請費用($460)は次のように変更されます。
•L-1ビザ:$805
•H-1Bビザ:$555
•E-1/E-2/TNビザ:$695
•Oビザ:$705

I-539フォームによる申請費用:$400

I-131フォームによる申請費用:$590

I-765フォームによる申請費用(DACA: Deferred Action for Childhood Arrivals 対象者を除く):$550

I-140フォームによる移民ビザ申請費用:$555

DACA対象者以外の指紋採取費用:$30

I-485フォームによる申請費用:$1,130

米国移民局移民申請費用:$190

N-400フォームによる米国市民権申請費用:$1,170

すべての変更された申請費用を含むリストはこちらをご参照ください。

*本記事は7月時点に発表された内容であり、今後、状況が変化する可能性もあることをご了承ください。
*弊社のコンサルテーション(有料)をご希望であれば、こちらをクリックしてください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

デビッド・シンデル (David Sindell)

デビッド・シンデル (David Sindell)

ライタープロフィール

NY州およびNJ州弁護士資格。外国法事務弁護士(外弁)として東京第2弁護士会所属。アメリカ移民法弁護士協会所属。日本語、フランス語に堪能。

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. パンデミックの終焉とともに、今年の春以降、各国間の交流が再開した。そして私は5月、日本の某学校法人...
  2. フロリダ、パームビーチで 石川啄木の短歌は胸に沁みる。「ふるさとの訛なつかし停車場の人ごみの...
  3. イヌワシやハヤブサなど、絶滅の危機に瀕している生物も多数生息するダイナソール州立公園 アルバ...
  4. プロベート(検認手続き)とは 長くアメリカに住んでいる方にもあまりよく知られていませ...
  5. 2023年 ヘルスケアのトレンド コロナウイルス感染症による長いパンデミックを経て生...
  6. 突然のパートナーの海外赴任辞令・・・ 日本での職を離れ帯同したものの、アメリカでも働き続け...
  7. 2023年6月9日

    バトンを持って走る
    フラワードレス 昨年から今年初めにかけて、我々世代のオピニオンリーダーや、アイドル的存在だっ...
  8. キノコのような不思議な形に削られた無数の岩の柱が立ち並ぶライティング・オン・ストーン ©︎Jan ...
ページ上部へ戻る