米国移民局、2020年10月2日施行予定の新申請費用を発表

文/デビッド・シンデル(Text by David Sindell)

米国土安全保障省 (Department of Homeland Security:通称DHS) は、2020年7月31日に永住権および米国市民権等のビザ発行にともなう申請費用の変更を正式に決定したことを発表しました。施行日は2020年10月2日からとされており、同日またはその日付以降に提出される申請書においては、下記の通り変更された申請費用を支払う対象になります。なお、主に弊社で取り扱っているビザの申請費用の変更は以下の通りです。

I-129フォームによる非移民ビザ申請費用:
これまで均一料金であったI-129フォームによる非移民ビザ申請費用($460)は次のように変更されます。
•L-1ビザ:$805
•H-1Bビザ:$555
•E-1/E-2/TNビザ:$695
•Oビザ:$705

I-539フォームによる申請費用:$400

I-131フォームによる申請費用:$590

I-765フォームによる申請費用(DACA: Deferred Action for Childhood Arrivals 対象者を除く):$550

I-140フォームによる移民ビザ申請費用:$555

DACA対象者以外の指紋採取費用:$30

I-485フォームによる申請費用:$1,130

米国移民局移民申請費用:$190

N-400フォームによる米国市民権申請費用:$1,170

すべての変更された申請費用を含むリストはこちらをご参照ください。

*本記事は7月時点に発表された内容であり、今後、状況が変化する可能性もあることをご了承ください。
*弊社のコンサルテーション(有料)をご希望であれば、こちらをクリックしてください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

デビッド・シンデル (David Sindell)

デビッド・シンデル (David Sindell)

ライタープロフィール

NY州およびNJ州弁護士資格。外国法事務弁護士(外弁)として東京第2弁護士会所属。アメリカ移民法弁護士協会所属。日本語、フランス語に堪能。

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る