米国移民局、2020年10月2日施行予定の新申請費用を発表

文/デビッド・シンデル(Text by David Sindell)

米国土安全保障省 (Department of Homeland Security:通称DHS) は、2020年7月31日に永住権および米国市民権等のビザ発行にともなう申請費用の変更を正式に決定したことを発表しました。施行日は2020年10月2日からとされており、同日またはその日付以降に提出される申請書においては、下記の通り変更された申請費用を支払う対象になります。なお、主に弊社で取り扱っているビザの申請費用の変更は以下の通りです。

I-129フォームによる非移民ビザ申請費用:
これまで均一料金であったI-129フォームによる非移民ビザ申請費用($460)は次のように変更されます。
•L-1ビザ:$805
•H-1Bビザ:$555
•E-1/E-2/TNビザ:$695
•Oビザ:$705

I-539フォームによる申請費用:$400

I-131フォームによる申請費用:$590

I-765フォームによる申請費用(DACA: Deferred Action for Childhood Arrivals 対象者を除く):$550

I-140フォームによる移民ビザ申請費用:$555

DACA対象者以外の指紋採取費用:$30

I-485フォームによる申請費用:$1,130

米国移民局移民申請費用:$190

N-400フォームによる米国市民権申請費用:$1,170

すべての変更された申請費用を含むリストはこちらをご参照ください。

*本記事は7月時点に発表された内容であり、今後、状況が変化する可能性もあることをご了承ください。
*弊社のコンサルテーション(有料)をご希望であれば、こちらをクリックしてください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

デビッド・シンデル (David Sindell)

デビッド・シンデル (David Sindell)

ライタープロフィール

NY州およびNJ州弁護士資格。外国法事務弁護士(外弁)として東京第2弁護士会所属。アメリカ移民法弁護士協会所属。日本語、フランス語に堪能。

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  2. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  3. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
  4. イリノイ州の南西、ミシシッピ川のすぐそばに位置するカホキア・マウンド州立史跡は、北アメリカ最...
  5. 2021年8月5日

    第81回 街に出ようよ
    1年半のコロナ禍を経て、ようやく以前の人間らしい生活が再開した。この時を待ち望んでいた。屋外...
  6. 老化を引き起こす3つの要因 老化を加速させる3つのキーワードは、“酸化” “糖化” “炎症”。夏は...
  7. 「日本酒の未来をつくる」をビジョンに掲げて2013年に設立された、日本酒事業を行うスタートア...
  8. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
ページ上部へ戻る