米国移民局による2022年度の新規H-1Bビザ申請抽選登録期間について

米国移民局(USCIS)は、新規H-1Bビザ申請の抽選プロセスにおける規制改正および新規ルールの有効期限を2021年12月31日まで延ばすと発表しました。当新規ルールは新規H-1Bビザ枠に対し、米国労働省(Department of Labor:通称DOL)による職業雇用統計(Occupational Employment Statistics、通称:OES)が定める一般賃金(Prevailing Wage)に基づき、4つの特定の地域における特定の職業賃金レベルのうち高いレベルから順に正式に選択する内容となっています。しかし、当新規ルールの有効期限が延長されたことにより、2021年12月31日までは米国移民局(USCIS)は新規H-1Bビザ抽選の当選者を無作為に抽選するこれまでの方法で抽選が行われることを意味します(年間上限数以上の登録応募があった場合)。

また、米国移民局(USCIS)は2021年2月5日、2022年度の新規H-1Bビザ申請に基づく応募登録を2021年3月9日正午(東部時間)〜25日正午(東部時間)に受け付けると発表しました。なお、新規H-1Bビザ申請の応募登録にあたり、雇用主(または代理人)は雇用先と新規H-1Bビザ申請者である従業員の情報を登録することが求められます。

新規H-1Bビザ申請における雇用主(または代理人)は、myUSCISアカウントを通して登録に関する情報を記入したうえで登録費用にかかる10ドル を支払い、オンライン提出することで新規H-1B登録を完了します。雇用主は同時に複数の新規H-1Bビザ申請者(受益者)を登録することができます。登録が完了すると確認番号が発行され、それぞれの雇用主に送付されます。

米国移民局(USCIS)は、もし登録者数がH-1Bの年間上限枠数を超えた場合、当選者を無作為に抽選し、それぞれの雇用主に当選発表をmyUSCISアカウントを通して通知します。雇用主による新規H-1Bビザ申請は、H-1Bビザ抽選で当選された申請者のみに対して行うことが可能です。

新規H-1B登録に関する詳しい登録方法について、米国移民局(USCIS)は詳細をすでに発表していますので、そちらを参考にしても良いでしょう。

弊社では引き続き、皆様にこのトピックに関する最新情報を随時報告できればと考えております。

*本記事は2月時点に発表された内容であり、今後、状況が変化する可能性もあることをご了承ください。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

デビッド・シンデル (David Sindell)

デビッド・シンデル (David Sindell)

ライタープロフィール

NY州およびNJ州弁護士資格。外国法事務弁護士(外弁)として東京第2弁護士会所属。アメリカ移民法弁護士協会所属。日本語、フランス語に堪能。

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
  2. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  3. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  4. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  5. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  6. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  7. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  8. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
ページ上部へ戻る