日米公的年金にかかる税金 
〜外国で受給する際の源泉徴収税〜

今回は日米公的年金を相手国で受給する際、自動的に税金が控除される(差し引かれる)源泉徴収税について紹介します。

年金にかかる源泉徴収とは

税金についてあまりご存知ない方もいるかと思いますので基本的な部分から説明すると、源泉徴収とは年間の所得にかかる税金(所得税)を事業者等が給与、年金、配当金からあらかじめ差し引き、日本の税務署やIRS(米国の税務署)へ納付することをいいます。この仕組みがあることで、給与所得者や年金受給者は毎年自分の所得の確定申告を行う必要がなくなり(ただし年末調整やタックスリターンなど納税額の調整は必要です)、税務署やIRSとしても税金をきちんと徴収することができるわけです。

老後にもらう老齢(退職)年金も収入(所得)になりますので、障害年金など一部を除き源泉徴収の対象になります。

1.日本の年金を米国居住者が受け取る場合

年金事業者(日本年金機構、各共済組合など)は、日本国内および国外居住者に対して年金を支給する際、一定額を超える分に対し源泉徴収します。国外居住者(米国居住者)の場合、一定額というのは65歳未満が年間60万円(月額5万円)、65歳以上は114万円(月額9.5万円)で、税率は20.42%です。米国居住者は日本の年金を受給するとその年の所得として翌年米国で確定申告する必要がありますから、日米両方で納税することになります。これを回避するため、日本の年金請求時に「租税条約に関する届出書」という書類を提出することで源泉徴収が免除されます※1。つまり居住国(米国)で申告納税するので、日本側での源泉徴収を免除してもらうわけです。

米国居住者の場合、この書類の他IRS発行の居住証明書(IRS Form 6166)の提出も必要なのですが、取得に時間と費用がかかるためやや面倒です。

私どもで日本の年金申請のお手伝いをした米国居住者を見ると、日本での年金加入は渡米前の限られた期間(数年〜15年)のケースが多く、年金支給額が上記の一定額を下回っているので「租税条約に関する届出書」を提出する人は少ないです。

2.米国年金(Social Security Benefit)を日本居住者が受け取る場合

米国社会保障局(Social Security Administration、以下「SSA」)は、米国籍や米国永住権を持たない米国非居住者に対して米国年金を支給する際に源泉徴収します。言い換えると、米国で米国年金を受給する間は原則源泉徴収されませんが、永住者(グリーンカード保有者)が日本へ帰国(移住)後に永住権を返納した場合や、米国籍の人が帰国後に日本へ帰化して米国籍を放棄する場合は源泉徴収の対象となります。税率は30%です。日本に住む日本人は、税務上の永住者として米国年金を含め世界中の所得が日本での税務申告対象となりますので、日米両方で二重払いすることになります。これを回避するため、永住権返納時にIRS Form W-8BENという書類を提出することで源泉徴収が免除されます※2。つまり、居住国(日本)で申告納税するので、米国側での源泉徴収を免除してもらうわけです。

上記の1と2について、混同しないよう下記の表にまとめてみます。

項目 1.米国居住で日本の年金を受給 2.日本居住で米国の年金を受給
年金支給者 日本年金機構、各共済組合など SSA(米国社会保障局)
源泉徴収の対象者 受給額が一定以上の人 帰化後米国籍を喪失した人、または永住権を返納した人
税率(2021年) 20.45% 30%
源泉徴収免除のための提出書 ①租税条約に関する届出書
②特典条項に関する付表
③IRS Form 6166
IRS Form W-8BEN

今後、日米の年金を請求する際や、米国から日本へ永住帰国する際に詳細を知りたい場合は、ご自身で各保険者(年金支給者)へご確認ください。日本の年金については日本年金機構や各共済組合が、米国年金についてはSSAや(日本帰国後は)米国大使館年金課が問い合わせ先となります。

※1,※2:税金の二重払いを回避する方法には、源泉徴収を免除する方法以外にも外国税額控除の仕組みが利用できる場合があります。
★★無料オンラインセミナー(ウェビナー)のご案内★★

「リタイアメントの終の棲家はアメリカ?それとも日本?」
〜日米医療介護事情、アメリカから日本への遠距離介護問題、日米高齢者施設事情照会〜

■日時:3月11日(金)4:00-5:30pm (PST)
■詳細・申込:www.life-mates.jp/TS2022plan

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

蓑田透 (Minoda Toru)

蓑田透 (Minoda Toru)

ライタープロフィール

ライフメイツ社会保険労務士事務所代表。早稲田大学卒業後IT業界に従事していたが、格差社会による低所得層の増加や高齢化社会における社会保障の必要性および国際化による海外在住者向け生活サポートの必要性を強く予感し、現事業を開業。米国をはじめとする海外在住の日本人の年金記録調査、相談、各種手続の代行サービスを多数手掛ける。またファイナンシャルプランナー(CFP・1級FP技能士)、米国税理士、宅建士として老後の日本帰国に向けた支援事業(在留資格、帰化申請、介護付き老人ホーム探し、ライフプラン作成、成年後見制度、不動産管理、就労・起業、税務、等の相談・代行)や、海外在住者の日本国内における各種代行、支援サービスを行う。

ホームページ:ライフメイツ(ライフメイツ社会保険労務士事務所)
 日本の年金・老後の帰国相談室
 コロナ対策助成金相談センター
 障害年金相談室(提携先)

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  2. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  3. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  4. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  5. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  6. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  7. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  8. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
ページ上部へ戻る