世代ごとに見る仕事観 ベビーブーム世代からZ世代まで

少子高齢化が進む日本。「人手不足」が叫ばれ久しいですが、実は人材難は現代社会がグローバルレベルで直面している深刻な問題です。

そして昨今の売り手市場との相乗効果で、企業は未曾有の採用難に対峙しています。

「給与」「働きやすさ」「手厚い福利厚生」・・・
採用活動を成功させる為に取るべき企業努力をあげればきりがないですね。その中で近頃注目を浴びているのが、求職者への世代別アプローチです。

今回は労働力人口を構成する各ジェネレーションの特徴をご紹介しつつ、採用の秘訣に迫っていきたいと思います。

1. 人手不足の実情

Face Icon

世界の企業の人材不足数は 2030年までに8500万人 あまりに達する見通し。またそれによって失われる経済機会は8兆5000億ドル(約934兆円)にのぼる。

大手人事コンサルティングファーム コーン・フェリー社は、上記の調査結果を2021年に発表しています。世界レベルで見れば人口そのものは増加し続けているにも関わらず、人材難が起こっている原因は何なのでしょうか?

理由は複数あるでしょうが、うち代表的なものを2つをご紹介します。

高齢労働者の早期退職

パンデミックにより、ベビーブーム世代(※後段にて詳しく解説)の退職に拍車がかかっています。米系世論調査団体 ピュー研究所の調査によると、2020年第3四半期(7〜9月)だけで同世代の退職者は2860万人に。これは前年より300万人も多い数字です。
感染リスクへの不安に加え、コロナ禍で生じた資産価格の急上昇が労働市場からの早期退出につながった可能性を専門家は指摘しています。

埋められないギャップ

上記で記載した高齢労働者は、言うまでもなく現場のノウハウを知った「熟練労働世代」。彼らの業務をカバーできるスキルを持ち合わせた若年層は多くなく、また十分な教育やトレーニングに受ける時間もない現状。故に、業務ボリュームと労働力に埋めることのできないの差が発生してしまっている状態なのです。

2. アメリカにおける世代区分

世界の人材難の実態をご説明したところで、本題の「世代」に話を移しましょう。

「ミレニアル世代」「ジェネレーションZ」などの言葉は、最近では世界共通語となりつつありますね。これらの世代区分は、実はアメリカ発祥のものです。日本の世代区分と比較しつつ、それぞれの世代の時代背景と特徴をご紹介します。

3. 世代別 仕事における価値観

勤勉なベビーブーム世代

戦後の高度経済成長やバブル期を経験したベビーブーマーズ。
働けば働くほど賃金が手に入り、投資すればするほど大金が舞い込んだ時代でした。故に勤労意欲が高く、「努力は必ず報われる」「正しい行いは評価される」という価値観を持つ傾向が強いです。
引退が近い労働層が多いため、以下のような老後・健康に関するベネフィットを重要視する方が多いようです。

  • リタイアメントプラン
  • 企業健康保険
  • その他ウェルネス関連の福利厚生(ex: ジムのメンバーシップ割引)

自立心の高いX世代

ライフスタイルやテクノロジーの劇的変化を経験したジェネレーションX。故に、順応性の高さが特徴として見られます。また戦後の高度成長期が終焉期を経験したこと等から、職場への帰属意識が薄い反面起業家精神や主体性が強いです。
がむしゃらに働いたベビーブーマーとは異なり、ワーク・ライフ・バランスの概念を確立した世代であり、以下のような仕事と私生活の調和を重要視する傾向にあります。

  • 有給休暇の日数
  • アットホームな働きやすい社風
  • 家族のケアをする為の柔軟性のある勤務形態

オープンマインドなミレニアルズ

テクノロジーと共に成長してきたジェネレーションY。斬新で独創的であり、長期的な視野を持って物事を考える要素が強いです。また、「お金・富」より「体験・価値」を重視する傾向にあり、学びに対する熱意と教養の高さが際立ちます。
公私ともに継続的な成長を求めており、以下のようにキャリア・教育・家庭それぞれのサポートを望みます。

  • キャリアアップの機会
  • 学費(スチューデント・ローン)の支払い補助
  • ファイナンシャルアドバイス
  • 育休・産休制度

現実主義なZ世代

SNSで気軽に世界中の情報をサーチできる時代に育ったジェネレーションZ。社会問題や環境問題への関心が非常に高いです。
また、リーマンショック後の家庭の財政的困難や、パンデミックによる自身の就職難などの経験から、経済面では保守的でリアリストな一面もあります。

仕事とプライベートを分けてバランスを取る考え方「ワークライフバランス」をさらに押し進め、、仕事もプライベートも人生を充実させる大切な要素として統合的に捉える考え方「ワークライフインテグレーション」に価値を置いています。

  • 企業カルチャー(DEI, SDGsなど)
  • フレキシブルな勤務形態
  • メンタルヘルス関連のサポート
  • テクノロジーを駆使し効率性のある、タイムパフォーマンスの良い労働環境

人材確保の為、創意工夫が求められる昨今。ターゲットの求職者層を意識することで雇用主の皆様の採用活動が少しでも成功に近づけば幸いです。STS Careerでは、採用・人事戦略に関するご相談もお受けしております。ぜひお声がけください。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

STS Career

STS Career人材紹介エージェンシー

ライタープロフィール

Search To Shine ― あなたが、輝けるキャリアを。

ロサンゼルスを拠点とし、アメリカ全土を対象にHR・人材ソリューションを提供するリクルーティングエージェンシー。
企業様には人材発掘・採用戦略策定をサポートするビジネスパートナーに、求職者の皆様には夢の実現を支えるカウンセラーになることを目指します。

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  2. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  3. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  4. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  5. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  6. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  7. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  8. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
ページ上部へ戻る