日本クラブ ウェビナー「ゴッホ・向日葵の誕生-プロローグからエピローグまで」開催

Vincent van Gogh (1853–1890)“Vase with Fifteen Sunflowers”
1889, oil on canvas, 95 cm (37.4 in) X 73 cm (28.7 in)
Van Gogh Museum, Amsterdam, the Netherlands

日本クラブではこれまで、オランダ在住のゴッホ研究家である吉屋敬氏によるゴッホの足跡に関するセミナーが、幾度か開催されてきた。今回は「向日葵」に焦点を当て、最新の情報、報道や事実を踏まえて吉屋氏の見解を詳述してもらう。

ゴッホといえばすぐに向日葵を思い起こす人は多い。では、なぜアルルに行ったのか、なぜあれほどの情熱と執着をもって「向日葵」を描いたのか、一体何枚の向日葵を描いたのか、またそこにどんな意味をこめようとしたのか。それらを詳しく知っている人は少ない。

今回のウェビナーでは、彼のトレードマークともなったこの花が『ゴッホの向日葵』として誕生するまでのいきさつと、短い生涯の中の重要な役割を果たしたこの部分を追い、『向日葵』誕生のプロローグからエピローグまでを書簡や新旧の情報をもとに構成し読み解く。2019年の夏、アムステルダムのゴッホ美術館で開催された特別展で明らかになった、同館所蔵の向日葵に関する最新の検証結果も含めて吉屋氏が解説をする。

ゴッホ研究家・吉屋敬氏

吉屋 敬 氏による
「ゴッホ・向日葵の誕生– プロローグからエピローグまで」

■開催日時:2021年4月22日(木)7:00-8:00pm
■参加費: 無料(任意で医療従事者への弁当プロジェクトへ寄付)
■定員:500名
■申し込み:www.nipponclub.org
■問い合わせ:yhonda@nipponclub.org(本多)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る