ロサンゼルスで2月1〜29日に焼酎&泡盛プロモーション月間を開催

2019年2月、在ロサンゼルス日本国総領事館とJETROロサンゼルスとの共催で、日本の伝統的な蒸留酒である焼酎と泡盛を紹介する月間プロモーションイベント “Japanese Craft Spirits Month” が開催される。

当地ではまだあまり知られていない蒸留酒である焼酎や泡盛を一般の人々に知ってもらうため、参加店舗のバーやレストラン等においてさまざまなプロモーションイベントを実施。焼酎や泡盛を使ったカクテルの提供等を通じ、一般の消費者に焼酎や泡盛について知ってもらうことを目的としている。

参加店舗のロケーションはウェブサイトJapaneseCraftSpirits.comで確認できる。また、“Japanese Craft Spirits Month” の期間中、焼酎や泡盛についてより知ってもらえるように業界紙やSNS等を通じて情報発信されることが期待されている。

焼酎と泡盛とは?

焼酎は日本で人気の蒸留酒で、500年にわたり主に南九州で研究や改良が重ねられてきた。焼酎はサツマイモ、麦、コメ、黒糖など、さまざまな原料によって作られている。2018年ロサンゼルス国際スピリッツコンペティションにおいて日本の焼酎が蒸留酒カテゴリーで3位に入賞するなど、少しずつ当地における関心が高まってきている。

泡盛は沖縄で生産され、焼酎と同様に長い歴史がある。主な原料として米が使用されており、独特な常圧蒸留方式によりリンゴやバナナに似た独特なフルーティな香りを有する。また、3年以上熟成したビンテージの泡盛は古酒と呼ばれ、甘く芳醇なバニラのような香りを有している。古酒はアルコール度が40度以上あるが、アルコールの強いフレーバーがなく芳醇で、甘い香りを有する。

詳細
ウェブサイト:japanesecraftspirits.com/
フェイスブック:facebook.com/japanesecraftspritsmonth/
インスタグラム:instagram.com/japanesecraftspiritsmonth/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る