ロサンゼルスで2月1〜29日に焼酎&泡盛プロモーション月間を開催

2019年2月、在ロサンゼルス日本国総領事館とJETROロサンゼルスとの共催で、日本の伝統的な蒸留酒である焼酎と泡盛を紹介する月間プロモーションイベント “Japanese Craft Spirits Month” が開催される。

当地ではまだあまり知られていない蒸留酒である焼酎や泡盛を一般の人々に知ってもらうため、参加店舗のバーやレストラン等においてさまざまなプロモーションイベントを実施。焼酎や泡盛を使ったカクテルの提供等を通じ、一般の消費者に焼酎や泡盛について知ってもらうことを目的としている。

参加店舗のロケーションはウェブサイトJapaneseCraftSpirits.comで確認できる。また、“Japanese Craft Spirits Month” の期間中、焼酎や泡盛についてより知ってもらえるように業界紙やSNS等を通じて情報発信されることが期待されている。

焼酎と泡盛とは?

焼酎は日本で人気の蒸留酒で、500年にわたり主に南九州で研究や改良が重ねられてきた。焼酎はサツマイモ、麦、コメ、黒糖など、さまざまな原料によって作られている。2018年ロサンゼルス国際スピリッツコンペティションにおいて日本の焼酎が蒸留酒カテゴリーで3位に入賞するなど、少しずつ当地における関心が高まってきている。

泡盛は沖縄で生産され、焼酎と同様に長い歴史がある。主な原料として米が使用されており、独特な常圧蒸留方式によりリンゴやバナナに似た独特なフルーティな香りを有する。また、3年以上熟成したビンテージの泡盛は古酒と呼ばれ、甘く芳醇なバニラのような香りを有している。古酒はアルコール度が40度以上あるが、アルコールの強いフレーバーがなく芳醇で、甘い香りを有する。

詳細
ウェブサイト:japanesecraftspirits.com/
フェイスブック:facebook.com/japanesecraftspritsmonth/
インスタグラム:instagram.com/japanesecraftspiritsmonth/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2019-6-3

    こんな時どうする? アメリカ生活お役立ちBook〈法律編〉

    本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例における法的アドバイスが必要な場合...
  2. 2013-6-20

    シリーズアメリカ再発見⑫ 南北戦争150周年 ゲティスバーグ~モンティチェロ 霊場街道をゆく

    To Gettysburgゲティスバーグへ  ペンシルベニアの東南端から、メリー...
  3. 2015-7-5

    ディズニー・クルーズライン バハマ4泊の旅 後編

    クルーズの季節がやってきた! エンターテインメントやサービスの質の高さに定評がある、ディズニー・クル...
  4. 2019-8-23

    Tokyu Land US corporation アメリカのビジネスは、今

    アメリカで不動産開発、投資を行うTokyu Land US corporationのPresiden...
  5. 2017-8-2

    第59回 9歳の壁と日本語幼稚園

     小学校では3年生から4年生、年齢にすると9歳くらいから急に学習内容が難しくなると言われる。...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る