COVID-19に関わるメディケイド、移民関連の情報(日米ソーシャルサービス)

パブリックチャージおよび移民問題に関する法的援助

COVID-19に関連する医療サービスを利用することはパブリックチャージの対象にはならず、グリーンカードまたは市民権の申請に影響を与えることはない。「パブリックチャージ」について不安を感じる移民のニューヨーカーは、自身または家族にとって最善の決断を下すための支援を受けることができる。合法的に受け取る権利のあるベネフィットを辞退する前に、「パブリックチャージ」が自身や家族に影響を与える可能性があるかどうかを確認しよう。以下の移民向けホットラインで、特定のパブリックベネフィットが自身の移民ステータスにどのように影響するか確認ができる。

Action NYC 移民ホットライン:1-800-354-0365(月曜日から金曜日の午前9時から午後6時まで)に電話して「パブリックチャージ」と伝え、移民関連の質問への回答を取得。移民に関する法的支援やその他の法的・非法的支援への紹介も得ることが可能。ホットラインは無料かつ匿名で利用でき、200以上の言語に対応。

パブリックチャージについて
Action NYCについて

SNAP、高齢者や障がい者用メディケイド
キャッシュアシスタンスの更新手続きについて(NYC HRAオフィス)

新型コロナウイルスの影響により、更新の手続きは延期されている。ベネフィットの更新の時期が近づいている、もしくは今現在手続き中の人は、更新の手続きを通常のように行わなくてもベネフィットは更新される。延期となった更新日については後日手紙が届く。

情報元:ACCESS HRA

ソーシャルセキュリティおよびSSI受給者が
給付金を受け取るために

1. SSⅠの受給者で2018年または2019年に連邦所得税申告をしておらず、17歳以下のこどもがいる人は、今月後半(正確な日付は近日中に発表)までにIRSのWEBサイトから必要な情報を入力。この事前措置を講じることで、一人あたり1200ドルの給付金に加えて扶養のこども一人あたり500ドルも受け取ることができる。こどもの情報を速やかにIRSに提供しないと今回の給付金は1200ドルのみとなり、こども一人あたり500ドルの給付金を受け取るために2020年の所得税申告をする必要が出てくる。

2. 2020年1月以降にソーシャルセキュリティまたはSSIの受給者となった人で、2018年または2019年の所得税申告をしていない人は、給付金を自動的にはもらうことはできな。IRSのNon-Filers websiteから必要な情報を入力。

給付金に関する必要な要件およびその他の情報は、IRSのEconomic Impact Payment Information Centerで確認可能。また、最新情報についてはIRSのWEBサイトを確認。

情報元:Social Security Administration

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  2. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  3. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  4. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  5. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  6. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  7. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  8. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
ページ上部へ戻る