JETROが「日本食レストラン等向け支援相談窓口」を開設

JETRO(日本貿易振興機構)LAオフィスは北米の日系レストラン運営者向けに「日本食レストラン等向け支援相談窓口(通称:デジタル化支援あれこれ相談所)」を5月8日より開設した。

この相談窓口は現在の新型コロナウイルスによる外出自粛下でレストラン事業者が事業運営で困っている以下のような事について専門家とのビデオ面談を通じてながら相談を受け付けている。

・マーケティング関連:SNS、デリバリーアプリの活用、メニュー開発等
・店内飲食再開に向けた準備
・自社でのFundraisingについて
・国・公的機関の支援策について
・労務管理関連
・法務関連、など

原則3回までの相談が可能で、無料で専門家とビデオ面談等を通じてアドバイスがもらえる。
またTwitterでも情報提供を開始し、各州の状況や英語のニュースに日本語で説明を加えてタイムリーに伝えている。

■「日本食レストラン等向け支援相談窓口」
https://jetro857442.typeform.com/to/pxnIWw
■JETRO USA Food team
https://twitter.com/JETRO_USAFood

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2016-3-29

    3国籍を持つ水泳界の期待の三つ子、リザランド(Litherland)兄弟

    今夏開催されるリオデジャネイロ五輪に、日本人を母親に持つ3兄弟が出場できるかもしれない。水泳選手とし...
  2. 2017-2-4

    第100回 Dear Juliette - 今は亡き愛犬に捧げる手紙 -

     早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  3. 2018-2-3

    「日本の文化や技術」を ハリウッドから情報発信

    親日派の裾野広げる ジャパン・ハウスは外務省の委託事業として、海外における...
  4. 2017-6-1

    第53回 ワインは「科学」か「芸術」か?

    ワインを生業(なりわい)とする人にとって、この質問は根源的なものだろう。ブドウ栽培者やワイン...
  5. 2018-4-3

    CPTとOPT(アメリカの学生のための労働許可)の違いとは? PART 1

     今回は、CPTとOPTの違いについて2回に分けてご紹介します。学生ビザ(F1ビザ)でアメリ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る