[2020 Census] 5月はアジア・太平洋諸島系(AAPI)米国人文化遺産継承月間

1992年、連邦議会が5月1日〜31日までの1カ月間をアジア・太平洋諸島系米国人文化遺産継承月間に定めた。5月が選ばれたのは、日本人移民が初めてアメリカ合衆国に到着したのが1843年5月7日、そして中国人労働者の貢献により大陸横断鉄道が完成したのが1869年5月10日という、アジア・太平洋諸島系アメリカ人の歴史の中でも特に重要な2つの出来事がこの期間中に起きたから。

アジア系アメリカ人は現在、全米人口のうち2260万人を占めている。国勢調査局が行った調査によると、アジア系アメリカ人が経営する企業は全国で55万5262社。アジア系アメリカ人の成長を示し、正確な人数を数え、今後10年にわたり必要となるリソースを確保するために、アジア系コミュニティの全員を数える機運が高まっており、その勢いを維持することがこれまで以上に重要となる。

国勢調査局によると、現在までに8600万世帯が国勢調査への回答を済ませており、これは国内全世帯の半分以上に当たる。2020年国勢調査にはオンラインでの回答が便利だ。デスクトップコンピューター、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレットを使用してmy2020census.govにアクセスすれば誰でも簡単に回答が可能。電話または郵送で回答することもできる。

新型コロナウイルスの影響による2020年国勢調査の日程変更について



May 2020年5月 – 国勢調査局は、郵送先住所が不明の世帯に対し、戸別訪問を再開して質問票を手渡す。

2020年8月11日~10月31日 – 国勢調査員が2020年国勢調査の回答を済ませていない世帯を訪ね、質問票への記入を支援する。

2020年10月31日 – 2020年国勢調査に回答できる最終日。オンライン、郵送または電話で回答可能。

2021年4月31日 – 議席配分を大統領に提出する予定の日(現在、4月31日への変更を要請中。当初の予定では2020年12月31日に制定)。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  2. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  3. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  4. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  5. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  6. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
  7. 2020年1月1日よりカリフォルニア州消費者プライバシー法(CCPA)対象企業は、公表してい...
  8. 2020年4月1日

    第81回 日本語の継承
    今回は「アメリカの学校」ではなく、「アメリカで育つ二世の子どもたちの日本語教育」というテーマ...
  9. モンタナ州の北部に位置するグレイシャー国立公園と、カナダのアルバータ州南部に位置するウォータ...
  10. 東京オリンピック・パラリンピックはスポーツの祭典であると同時に、各国がそれぞれの文化...
ページ上部へ戻る