[2020 Census] 5月はアジア・太平洋諸島系(AAPI)米国人文化遺産継承月間

1992年、連邦議会が5月1日〜31日までの1カ月間をアジア・太平洋諸島系米国人文化遺産継承月間に定めた。5月が選ばれたのは、日本人移民が初めてアメリカ合衆国に到着したのが1843年5月7日、そして中国人労働者の貢献により大陸横断鉄道が完成したのが1869年5月10日という、アジア・太平洋諸島系アメリカ人の歴史の中でも特に重要な2つの出来事がこの期間中に起きたから。

アジア系アメリカ人は現在、全米人口のうち2260万人を占めている。国勢調査局が行った調査によると、アジア系アメリカ人が経営する企業は全国で55万5262社。アジア系アメリカ人の成長を示し、正確な人数を数え、今後10年にわたり必要となるリソースを確保するために、アジア系コミュニティの全員を数える機運が高まっており、その勢いを維持することがこれまで以上に重要となる。

国勢調査局によると、現在までに8600万世帯が国勢調査への回答を済ませており、これは国内全世帯の半分以上に当たる。2020年国勢調査にはオンラインでの回答が便利だ。デスクトップコンピューター、ノートパソコン、スマートフォン、またはタブレットを使用してmy2020census.govにアクセスすれば誰でも簡単に回答が可能。電話または郵送で回答することもできる。

新型コロナウイルスの影響による2020年国勢調査の日程変更について



May 2020年5月 – 国勢調査局は、郵送先住所が不明の世帯に対し、戸別訪問を再開して質問票を手渡す。

2020年8月11日~10月31日 – 国勢調査員が2020年国勢調査の回答を済ませていない世帯を訪ね、質問票への記入を支援する。

2020年10月31日 – 2020年国勢調査に回答できる最終日。オンライン、郵送または電話で回答可能。

2021年4月31日 – 議席配分を大統領に提出する予定の日(現在、4月31日への変更を要請中。当初の予定では2020年12月31日に制定)。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. アメリカの就職・転職

    2018-8-29

    アメリカでの就職・転職6箇条 | 2018年保存版

    世界を動かす経済大国「アメリカ合衆国」。世界各国から優秀な人材が集結し、新しい情報に触れるこ...
  2. 2018-1-3

    Vol.1 テキサスの歴史を語り継ぐ サン・アントニオ伝道施設群 − テキサス州 −

    アメリカの世界遺産を紹介していく新連載の第1回は、2015年に認められた米国内で一番新しい登...
  3. 2018-4-1

    映画界復帰のきっかけは G・オールドマンからのオファーだった

     3月4日、ハリウッドのドルビーシアターで開催された第90回アカデミー賞。今年は日本人のメイ...
  4. 2017-12-1

    無駄の大資源国、日本

    今回は日本企業の人事にまとわる無駄について考えてみた。 その昔(もう40年前の話)、あ...
  5. 2017-9-1

    アメリカで話題沸騰日本発のお菓子・デザート

    この夏、全米のCostcoでも店頭に並び、アメリカ全土で親しまれている「 Hello...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る