会員制タイムシェアリゾート、東急ビッグウィークがニューヨークでPR

 東急電鉄が事業主となって運営する会員制タイムシェアリゾート「ビッグウィーク」と、アメリカのタイムシェア業界のリーディングカンパニーRCIと昨年8月の提携を披露するレセプションを、2月1日、ニューヨークで開催し、「タイムシェア」の魅力を紹介した。

Tokyu 1

 別荘を複数で共有して、実際に利用したい時期の利用権を購入する、「タイムシェア」というシステムは、アメリカの旅行者や旅行業界ではよく知られているが、日本では、まだなじみがないコンセプトかもしれない。
 あわただしく観光地を回る旅行は疲れる、自分のペースでリゾートを満喫したい、でも別荘をもつのはお金がかかる…。そんな人たちに好まれている。

 ビッグウィークのシステムには2015年現在、約3200人の会員が所属し、その8割が個人会員だという。
 2016年2月末開業の宮古島を含めて、日本各地に札幌、山中湖、二子玉川、伊豆高原、軽井沢、蓼科、京都、沖縄など15カ所、展開している。

 1年間のうち1週間が必ず自分の別荘として使える権利「マイウィーク」があり、空室がある場合は、1泊からでも利用できるサービスも提供しているという。
 フレックスポイント会員は、ポイントを利用して、提携施設(一例:星野リゾート、東急ホテルズ、JR東日本ホテルズなど)も利用できる。
 会員専用のコールセンターがあるので予約も簡単、維持管理の手間がかからない。

Tokyu 2

◾️詳細:http://www.bigweek.co.jp/

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

注目の記事

  1. 2017-6-5

    第104回 リーシの意味

     私と愛犬ノアが住むコンドミニアムには、住人同士で情報や意見を交わし合うWeb Si...
  2. 2018-4-4

    第59回 表と裏

     フェイスブックが出始めの頃は、皆が競って自分のアカウントを作り、いろいろなイベントを投稿し...
  3. 2018-3-6

    最終回 闘う

     犬と人間の快適な生活のためにと7年5カ月休まず書き続けてきたこの「ドギーパラダイス!」も、...
  4. 2019-1-14

    NRI SecureTechnologies, Ltd.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるNRI SecureTechnologies, Lt...
  5. 2018-6-2

    条件付き永住権の取得

    今回のコラムでは“条件付き”の永住権についてお話しします。米国市民権保持者との結婚によりグリ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る