NYで日本食売り込み 健康配慮、ジェトロなど

 米国の大規模な食品見本市「サマー・ファンシー・フードショー」がニューヨーク中心部で26日開幕し、日本貿易振興機構(ジェトロ)が設けた日本のブースではベジタリアン(菜食主義者)向けの加工食品やスープなどの健康に配慮した商品を中心に売り込んだ。

 日本の農林水産物と食品の輸出額は2015年に約7451億円で、政府は20年に1兆円へ拡大する目標の前倒し達成を目指している。和食人気が高い米国は15年で1071億円と全体の14%を占める一大市場で、出展した日本の24社・団体は販路開拓や販売拡大を狙う。見本市は28日まで。

 米国で需要が大きいベジタリアン向けの商品では、あさつ(島根県出雲市)が大豆を原料に使い、焼き肉などの形に似せた加工食品を紹介し、試食した来場者は「まるで肉のようだ」と感心していた。レキオスジャパン(沖縄県宜野湾市)は、カレー味やトマト味などのスープを紹介。(共同)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  2. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  3. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  4. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  5. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  6. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  7. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  8. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
ページ上部へ戻る