WA州で未承認のGM小麦〜モンサントが過去に試験栽培

 農務省はこのほど、ワシントン州の農場で、商業栽培が認められていない遺伝子組み換え(GM)小麦が見つかったと発表した。種子・農薬大手モンサントが過去に周辺で試験栽培していたのと同じ品種だった。国内で未承認のGM小麦が見つかったのは過去3年間で3例目。同省と州の当局が経緯を調査している。
 
 ロイター通信によると、未承認のGM小麦は、モンサントの除草剤「ラウンドアップ」の主成分であるグリフォサートへの耐性を持たせた品種「MON71700」。農家が昨年から休耕中の自分の農場で発見し、数週間前にモンサントの品種であることが分かった。
 
 農務省は、同品種はモンサントが1998〜2000年に北西部で試験栽培したものの、食品業界に流通した形跡はなく、安全上の問題はないと説明している。同省は念のため、この農家のほかの農場で収穫された小麦についても調べている。
 
 米国はGM小麦の商業栽培を認めていないが、13年にオレゴン州、14年にモンタナ州でもモンサントが開発した未承認のGM小麦が発見されている。
 
 モンサントが開発した未承認の遺伝子組み換え(GM)小麦がワシントン州で自生しているのが見つかったことを受け、日本と韓国は一部の米国産小麦の輸入を停止した。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. アメリカで新たな事業を手がける人物をクローズアップするインタビューシリーズ。MBA(経営学修士)クラ...
  2. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  3. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  4. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  5. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  6. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  7. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  8. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
ページ上部へ戻る