WA州で未承認のGM小麦〜モンサントが過去に試験栽培

 農務省はこのほど、ワシントン州の農場で、商業栽培が認められていない遺伝子組み換え(GM)小麦が見つかったと発表した。種子・農薬大手モンサントが過去に周辺で試験栽培していたのと同じ品種だった。国内で未承認のGM小麦が見つかったのは過去3年間で3例目。同省と州の当局が経緯を調査している。
 
 ロイター通信によると、未承認のGM小麦は、モンサントの除草剤「ラウンドアップ」の主成分であるグリフォサートへの耐性を持たせた品種「MON71700」。農家が昨年から休耕中の自分の農場で発見し、数週間前にモンサントの品種であることが分かった。
 
 農務省は、同品種はモンサントが1998〜2000年に北西部で試験栽培したものの、食品業界に流通した形跡はなく、安全上の問題はないと説明している。同省は念のため、この農家のほかの農場で収穫された小麦についても調べている。
 
 米国はGM小麦の商業栽培を認めていないが、13年にオレゴン州、14年にモンタナ州でもモンサントが開発した未承認のGM小麦が発見されている。
 
 モンサントが開発した未承認の遺伝子組み換え(GM)小麦がワシントン州で自生しているのが見つかったことを受け、日本と韓国は一部の米国産小麦の輸入を停止した。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る