金持ちも普通のトラック好む〜車の「コモディティ化」が進行

 富裕層はフェラーリやポルシェといった高級車を乗り回している印象が強いが、年収20万ドル以上の高額所得者の間で最も人気の高かった2016年モデルはフォードのピックアップ・トラック「F-150」だったことが市場調査マリッツCXの調べで分かった。2位以下もジープ「グランド・チェロキー」、ホンダ「パイロット」、ジープ「ラングラー」、ホンダ「シビック」と庶民的なモデルが続いた。
 
 USAトゥデイによると、年収40万ドル以上になると1位がレクサス「RX350」、2位がテスラの「モデルS」と高級ブランドが顔を見せるが、3位はやはりホンダ「シビック」。年収50万ドル超の所得者では再びF-150がトップで、2位以下はランドローバーの2モデル、BMW「X5」、レクサス・RX350が続いた。
 
 富裕層の間で大衆車の人気が高まった要因としては3つ考えられる。まず、大衆車も高級車と同じ機能が多く提供されるようになったこと。2つ目は、多くのモデルでバージョンの幅が広がり機能面、価格面ともに従来の高級車の領域に達していること。
 
 3つ目は、車を通勤手段としてしか見ないシリコンバレーのソフトウェア開発者や、石油産業の復興で財をなし質の高いトラックを必要とする油田労働者など昔の富裕層とは違った車の使い方をするようになったことが挙げられる。
 
 超富裕層向け雑誌ロブ・レポートの自動車担当編集者は「中には仕事が忙しくて高級車のことまで考える暇がないという人もいて、彼らにとって車は家電と同様になっている」と指摘している。(U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  2. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  3. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  4. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  5. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
  6. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  7. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  8. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
ページ上部へ戻る