百度、BAICと戦略提携〜21年までに自動運転車量産へ

 中国の検索エンジン最大手バイドゥ(百度)は、自動車大手・北京汽車集団 (BAICグループ)と、2021年までに完全自動運転車を量産する戦略的提携を結ん だ。
 
 テッククランチによると、BAICは百度の自動運転プラットフォーム「アポロ」 を使って19年までに自動運転に関する国際基準SAEでレベル3(条件付き自動運 転)の自動運転車、その2年後にはレベル4(高次の自動運転)のモデルを量産す る予定。
 
 百度はアポロのほか、仮想アシスタント「DuerOS」、情報セキュリティ、画像 認識といった商品や技術もBAICに提供し、19年までには100万台以上のBAIC車が 百度のネットワーキング技術を搭載する見込み。両社は、クラウド経由の交通情 報などを含む商品やサービス用のクラウド基盤技術体系の分野でも協力していく という。
 
 百度は17年7月、数年間の開発期間を経てさまざまなハードウェア、ソフトウ ェア、クラウド・データサービスなどを含む自動運転車用のオープンソース・プ ラットフォーム「アポロ」を発表。現在は自動車メーカーやティア1サプライヤ ーなど50社以上がアポロを使って自動運転技術の開発に取り組んでいる。
 
 百度はこのプラットフォームが自動運転車技術の開発を加速させると見込んで おり、9月には最新版「アポロ1.5」を発表した。アポロを使った自動運転車の量 産では、百度は9月に安徽江淮汽車(JAC)との契約を発表しており、BAICは2社 目。最初の自動運転車の量産は19年半ばにJACの工場で行われる見通しとなって いる。
 
 【http://www.ihssupplierinsight.com/news/5242360/baidu-plans-to-mass- produce-level-4-self-driving-car-with-baic-by-2021】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-6-5

    Bandai Namco Entertainment America, Inc.アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州サンタクララにオフィスを構えるBandai Namco Entertainm...
  2. 2018-11-21

    H&X Technologies, Inc. アメリカのビジネスは、今

    カリフォルニア州アーバインにオフィスを構えるH&X Technologies, Inc.のC...
  3. 2019-8-9

    雇用に基づくステータス調整手続き中の疑問

    一定の基準を満たす外国人は、アメリカに滞在しながら雇用に基づいて非移民ステータスを移民ステータス(永...
  4. 2017-9-1

    アメリカで話題沸騰日本発のお菓子・デザート

    この夏、全米のCostcoでも店頭に並び、アメリカ全土で親しまれている「 Hello...
  5. 2016-6-30

    シリーズアメリカ再発見㊷ 夏も砂漠で遊べ! パームスプリングス

     南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る