百度、BAICと戦略提携〜21年までに自動運転車量産へ

 中国の検索エンジン最大手バイドゥ(百度)は、自動車大手・北京汽車集団 (BAICグループ)と、2021年までに完全自動運転車を量産する戦略的提携を結ん だ。
 
 テッククランチによると、BAICは百度の自動運転プラットフォーム「アポロ」 を使って19年までに自動運転に関する国際基準SAEでレベル3(条件付き自動運 転)の自動運転車、その2年後にはレベル4(高次の自動運転)のモデルを量産す る予定。
 
 百度はアポロのほか、仮想アシスタント「DuerOS」、情報セキュリティ、画像 認識といった商品や技術もBAICに提供し、19年までには100万台以上のBAIC車が 百度のネットワーキング技術を搭載する見込み。両社は、クラウド経由の交通情 報などを含む商品やサービス用のクラウド基盤技術体系の分野でも協力していく という。
 
 百度は17年7月、数年間の開発期間を経てさまざまなハードウェア、ソフトウ ェア、クラウド・データサービスなどを含む自動運転車用のオープンソース・プ ラットフォーム「アポロ」を発表。現在は自動車メーカーやティア1サプライヤ ーなど50社以上がアポロを使って自動運転技術の開発に取り組んでいる。
 
 百度はこのプラットフォームが自動運転車技術の開発を加速させると見込んで おり、9月には最新版「アポロ1.5」を発表した。アポロを使った自動運転車の量 産では、百度は9月に安徽江淮汽車(JAC)との契約を発表しており、BAICは2社 目。最初の自動運転車の量産は19年半ばにJACの工場で行われる見通しとなって いる。
 
 【http://www.ihssupplierinsight.com/news/5242360/baidu-plans-to-mass- produce-level-4-self-driving-car-with-baic-by-2021】 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  2. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  3. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  4. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  5. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  6. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  7. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
  8. 本特集は一般的なケースの情報提供を目的としたものです。特定事例におけるアドバイスが必要な場合は、専...
ページ上部へ戻る