ATMから現金不正引き出し〜米でも「ジャックポッティング」

 現金自動預払機(ATM)の2大メーカーであるディーボールド・ニックスドーフ (Diebold Nixdorf)とNCRは、ATMを不正に操作してスロットマシンのように現 金を出させる「ジャックポッティング」攻撃に注意するよう、米国内の金融機関 などに警告している。
 
 ジャックポットは近年世界的に増加しているが、被害者や警察は詳細を公表し ないことが多く、具体的な被害額は不明。セキュリティ情報サイト「Krebs on Security」は27日、2017年にメキシコで始まった最近のジャックポッティングに ついて、米国土安全保障省のシークレットサービスが国内銀行に向けて「ドラッ グストアや大規模小売店、ドライブスルー式ATMで見られるような単体設置型の ATMが標的になっている」と警告したと伝えた。
 
 ロイター通信によると、NCRは26日にATM設置者に警告を発し、国内で初めてジ ャックポット被害が確認されたことを伝えると同時に「すべてのATM設置者はこ れを警告と受け止め、攻撃から機械を守るために適切な対策を取るべき」と注意 を喚起した。同社のATMが標的にされた例はないという。
 
 一方、ディーボールドは、数年前に生産を停止した同社のATM「オプティーバ (Opteva)」がハッキングの標的になっているという警告を連邦当局から受けと ったことを認めた。ハッカーは、実際に機械に手を加え、ハードライブを交換 し、産業用の内視鏡を使って機械の再設定に必要な内部のボタンを押す…といっ た手順でATMを操作しているという。
 
 ロシアのサイバーセキュリティ会社グループIBによると、16年には欧州で12台 以上のATMが遠隔攻撃を受けており、タイや台湾でも同様の攻撃が報告されてい る。 (U.S. Frontline News, Inc.社提供)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

注目の記事

  1. 2019-12-5

    短期集中連載 最終回 ポジティブ皮膚科学・応用編 パワーエリートをつくるための「皮膚科学×スポーツ科学」

    私の第一の専門は皮膚科学で、第二の専門はスポーツ科学です。「皮膚科学×スポーツ科学」という新...
  2. 2017-8-1

    寿司ロボットを米国へ 市場に眠る600億ドル分のチャンス

    出発点はレコード針 AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Tech...
  3. 2016-7-30

    シリーズアメリカ再発見㊸ アートで再生! デトロイト

     「Detroit is coming back」。デトロイトは復活するよ。  ...
  4. 2017-12-3

    HOWDY!!!

    HOWDY!!! 皆様、サンクスギビング・ホリデーも終わり、あっという間に12月がやってきまし...
  5. 2015-12-7

    アメリカ エネルギーロードを往く テキサス編

    ミッドランドへ 旅の出発地、テキサス州ミッドランドへ向かう。アメリカでは1920年代...

デジタル版を読む

saishin フロントライン最新号
ページ上部へ戻る