スー・チー氏、米国へ 約40年ぶり、民主化訴え

 【共同】ミャンマーの最大野党、国民民主連盟(NLD)党首アウン・サン・スー・チー氏(67)は16日、米国に向け出発する。約2週間の滞在中、全米各地を回り、ミャンマー民主化のさらなる進展への支援を訴える。

 スー・チー氏は1969年から約3年間、ミャンマー出身のウ・タント国連事務総長の下、ニューヨークの国連に勤務した経験があり、訪米は約40年ぶり。民主化運動のシンボルとして米国でも人気が高く、クリントン国務長官が昨年11〜12月、ミャンマーを訪問した際、訪米を招請した。

 外交筋などによると、スー・チー氏は成田空港経由で17日に米国入り。最初の訪問地ワシントンで、最も権威のある米勲章の一つ「議会金メダル」を授与され、オバマ大統領のミシェル夫人主催の夕食会に出席する。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

最近のニュース速報

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る