夏に食べたい!「アボカド・トースト」
ロサンゼルスの人気店レシピを紹介

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

BOA Steakhouseのアボカド・トースト Photo © Mirei Sato

BOA Steakhouseのアボカド・トースト
Photo © Mirei Sato

 ロサンゼルスを中心に、昨年あたりから一気にブレイクした「アボカド・トースト」。初めて聞く人なら「え?」と思う組み合わせだが、意外にマッチして、いまや、朝ごはんにもランチにも、週末のブランチにも大活躍の定番メニューになった。

 レストランやカフェで食べるもの、という枠から抜け出して、最近では自分でつくるもの、に変化。食好きが集まると、「我が家のアボカド・トーストはね…」と自己流レシピの披露が会話にのぼるほどだ。

 日本でも、ファッションモデルなどが伝えて、アボカド・トーストの人気が高まっているようだ。

 しかしなんといっても、アメリカに住んでいれば、アボカドは安くて、いつでも手に入る。世界ナンバーワンの産地、隣国メキシコのおかげだ。さらに、南カリフォルニアにもアボカド農家が多くある。

 「森のバター」の愛称があるだけに、栄養たっぷりで、美容や健康にいいと信じられている。

 見た目の彩りに清涼感があり、夏の野外パーティーやピクニックにもぴったりだ。意外と簡単につくれて、材料にひと工夫を加えることでバラエティーも豊富になる。

 そんなアボカド・トーストのおすすめレシピを、ロサンゼルス・ウェストハリウッドのレストラン「BOA Steakhouse」で教わった。店名のとおり、ステーキが有名なレストランだが、最近、新しくランチメニューにアボカド・トーストを加えたばかりだという。

ウェストハリウッドの店内 Courtesy of BOA Steakhouse

ウェストハリウッドの店内
Courtesy of BOA Steakhouse


ランチメニューのひとつ、サーモンとキノア Photo © Mirei Sato

ランチメニューのひとつ、サーモンとキノア
Photo © Mirei Sato

1

2

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1.  南カリフォルニアのパームスプリングスが一番にぎわうのは、避寒客が殺到する冬だ。でも「...
  2.  スコット・イーストウッドの存在を初めて知ったのは、2013年の映画「Texas Chain...
  3. FL:今、日本でどんな活動を行っているのでしょう? 料理はそのうちどれくらいの割合ですか? ...
  4.  東日本大震災で犠牲になったアメリカ人、テイラーさん(当時24歳)の生涯を、家族や恋人、友人...
  5. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る