どこか懐かしい味… ウェストハリウッドの新店「ROKU」のシェフに教わった
冬にぴったりの「カボチャ」レシピ

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

Kabocha & Butternut Squash, wood oven roasted, sesame chili paste (提供写真)

Kabocha & Butternut Squash, wood oven roasted, sesame chili paste
(提供写真)

 冬になると、アメリカでも、つい「焼きイモ」が恋しくなる日本人は、多いのではないだろうか。
 最近は、アメリカ人も健康志向で、レストランやパブにいくと、フレンチフライの代わりにスイートポテトフライを出すところが増えている。それでも「フライ」には違いないし、たいていは感動するほど美味しいわけでもない。
 ふかして熱々のバターをかけたサツマイモや、黄金色の飴にからめた「大学イモ」、日本版スイートポテトのような「おやつ」にも、なかなか出会えない。アメリカのホリデーシーズンに重宝する「ヤムイモ」なら、スーパーで買えるが、サツマイモに見た目は似ていても、焼きイモや大学イモの再現は難しい。
 そんなことを思っていたら、最近ロサンゼルスのウェストハリウッドにオープンしたばかりのレストラン「ROKU Sunset」で、日本人の郷愁をそそり、かつ、アメリカ人の舌も喜ばす、絶妙の一品を発見した。
 「Kabocha & Butternut Squash」という名のアペタイザー。これなら、アメリカのスーパーでどこでも手に入る食材で作れる。サツマイモを使っているわけではないのだが、味や食感は似ている。食べてほっくり、「サツマイモ」な気持ちになれるのが、不思議だ。
 同店のタイソン・ウォン・シェフに、特別にレシピを教えてもらった。

12_2015_kabocha-title

by Chef Tyson Wong

  • 【材料】
  • バターナッツスクワッシュ4oz
    (皮をむいて、長さ2インチ、厚さ1/4インチにカットする)
  • カボチャ4oz
    (皮をむいて、長さ2インチ、厚さ1/4インチにカットする)
  • 白ゴマ大さじ1
  • スライスした小ネギ大さじ2
  • <ソース>
    ゴマ油小さじ1
  • しょうゆ1/4カップ
  • ブラウンシュガー大さじ1
  • ライスビネガー1/4カップ
  • コチュジャン大さじ1

【作り方】

  • カボチャとバターナッツスクワッシュをオーブンで焼く。375度(華氏)で15分。軽い黄金色になるまで。
  • ゴマ油、しょうゆ、ブラウンシュガー、ライスビネガー、コチュジャンを混ぜて、ソースをつくる。
  • フライパンにカボチャとスクワッシュを並べ入れて、ソースと混ぜ合わせ、火を通して温める。
  • ゴマ油と小ネギを加える。
  • 皿に盛りつけて、ゴマ油を適量ふりかける。

(左側)Tuna Poke, soy, chili oil, bamboo rice (右側)Toro Tartatre, prepared tableside(左)とFluke Sashimi, kumquat, yuzu vinaigrette Photo © Mirei Sato

(左側)Tuna Poke, soy, chili oil, bamboo rice (右側)Toro Tartatre, prepared tableside(左)とFluke Sashimi, kumquat, yuzu vinaigrette
Photo © Mirei Sato


Deconstructed S'mores Photo © Mirei Sato

Deconstructed S’mores
Photo © Mirei Sato

ROKU Sunset

9201 Sunset Boulevard, West Hollywood, CA 90069
 ランチ:月〜金11:30am〜2:30pm
 ディナー:日月5:30〜10:30pm、火水5:30〜11pm、木〜土5:30pm〜12am
 電話:310-278-2060
 ウェブ:www.ROKUSunset.com

ROKU Sunsetの店内 Photo © Mirei Sato

ROKU Sunsetの店内
Photos © Mirei Sato

今年11月中旬にオープンした。
ロサンゼルス・ウェストハリウッドの、サンセット大通り沿いのロケーション。ガラス張りで、天井も開閉式。1年を通して、ロサンゼルスの温暖な気候と陽光が楽しめる設定。
8000平方フィートの広々とした店内は、寿司カウンターと鉄板焼きカウンターを備えている。和牛や北海道産ホタテ、ロブスターなどを豪快かつ繊細に調理する。
ダイニングは、ランチもディナーもアペタイザーが充実している。なかでも、テーブルサイドで準備する「Toro Tartare」、「Tuna Poke」が特に人気がある。今年ロサンゼルスで大流行したpokeだが、ここではライスを山菜炊き込みご飯風にして成功している。
バーは、日本のビール、酒、ウィスキーを揃えている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

佐藤美玲 (Mirei Sato)

佐藤美玲 (Mirei Sato)

ライタープロフィール

東京生まれ。子供の時に見たTVドラマ「Roots」に感化され、アメリカの黒人問題に対する興味を深める。日本女子大英文学科アメリカ研究卒業。朝日新聞記者を経て、1999年、大学院留学のため渡米。UCLAアメリカ黒人研究学部卒業・修士号。UMass-Amherst、UC-Berkeleyのアメリカ黒人研究学部・博士課程に在籍。黒人史と文化、メディアと人種の問題を研究。2007年からU.S. FrontLine誌編集記者。大統領選を含め、アメリカを深く広く取材する。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る