タクシー運転手の指紋を採取
犯歴調査でボストン市警

Photo © Alan Levine

Photo © Alan Levine

 ボストン市警はこのほど、すべてのタクシー運転手を対象に犯罪歴調査のための指紋採取を始めた。ウーバーやリフトなど携帯アプリを使った配車サービスのドライバーも含まれ、両社は採取に反対している。
 ボストン・グローブによると、市警に指紋を使った犯歴調査を認めるボストン市の条例案は昨年提出され、ライセンスを持つ市内のタクシー・ドライバー全員に、毎年のライセンス更新手続きの1つとして指紋の提出を義務付ける内容が盛り込まれた。
 ウィリアム・エバンス市警本部長は「ボストン市民はタクシー会社を信頼し、タクシーに乗る時はいつも安全に目的地に行けると思っている。指紋の提出は、確実にそうなるために警察ができることの1つ」と話している。
 タクシーやハイヤー業界はこれを歓迎し、ウーバーやリフトのドライバーも従うべきだと主張しているが、両社は「運転手にはすでに第三者による経歴調査を行っているため、指紋の提出は不要」と反発。「指紋を出せば、逮捕されたが有罪にはならなかったドライバー候補を差別する恐れがある」と主張している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1.  2月の2週間、日本に一時帰国した。目的は長男ノアが日本で通う学校の保護者向け就職説明会に参...
  2.  旅行の際に大変役に立つ保険を紹介します。Travel Insurance, Trip In...
  3.  アメリカの刑事裁判には、司法取引という制度があります。よく映画などで見られる「罪を認めるなら罰...
  4. 2017年4月2日

    第102回 犬ビジネス
     昨秋、生まれて初めてひどい腰痛を患いました。大型犬の飼い主としては致命傷。完治するまでの間...
  5.  2017年2月、東京に所用ができ、2泊することになった。宿泊先として以前から興味を覚えてい...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る