シリーズアメリカ再発見㉞
カメラで歩く絶景のシカゴ

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

夕暮れのバッキンガム噴水 Photo © Mirei Sato

夕暮れのバッキンガム噴水
Photo © Mirei Sato

 夕暮れを待って、グラント・パークのバッキンガム噴水へ。時間によってライトアップの色が変わる。シカゴで一番ロマンチックな場所だ。テレサさんと一緒に三脚を立て、静かな水のショーを楽しんだ。

 グラント・パークといえば、ブルズの優勝パレードの終着点だった。バスを降りた選手たちがステージに集まり、ファンに向かってスピーチする。
 私も一度行った。よい場所をとるために、みんな前の晩から公園の外で徹夜して待つ。6月半ばだというのにシカゴは寒くて、いきなり嵐になった。トイレにも行きたいし、どうなることかと思ったけれど、選手が到着する直前に見事な快晴になった。

 ツアーの最後は、ミュージアム・ディストリクトの突端まで行って、シカゴの夜景を撮った。ミシガン湖の水面にリフレクトするシカゴの街は、やさしく輝く宝石箱。
 テレサさんにアドバイスをもらいながら、シャッターを押す。もちろんプロのようにきれいなポストカード写真は撮れないけれど、十分満足。楽しめればそれでいい。

 「おつかれさま会」は、シカゴ名物ディープ・ディッシュ・ピザと、地ビールで。店のテレビでブルズの試合が流れていれば、さらにグッド。

 テレサさんいわく、プロでもシカゴを撮るのは難しい。湖畔に長く伸びているので、東側から街を撮るのに適した時間が限られているからだとか。
 全景を撮りたいなら、ネイビー・ピアの近くにあるオリーブ・パークからが、テレサさんのおすすめ。朝焼けと、ブルー・アワーと呼ばれる夕日の後の時間帯が、ひときわ美しいそうだ。

 異国の旅先や大自然の中で、プロに教わりながら回る「フォトグラフィー・ツアー」や「フォト・サファリ」は、最近どこでも人気だ。でも、わざわざ僻地に行かなくても、絵になる「絶景」はたくさんある。シカゴがそう教えてくれた。
 

シカゴ名物ディープ・ディッシュ・ピザで、「おつかれさまー」 Photo © Mirei Sato

シカゴ名物ディープ・ディッシュ・ピザで、「おつかれさまー」
Photo © Mirei Sato


 

1 2 3 4

5

6
Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  2. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  3. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  4. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  5. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  6. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  7. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  8. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
ページ上部へ戻る