シリーズアメリカ再発見㉞
カメラで歩く絶景のシカゴ

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

夕暮れのバッキンガム噴水 Photo © Mirei Sato

夕暮れのバッキンガム噴水
Photo © Mirei Sato

 夕暮れを待って、グラント・パークのバッキンガム噴水へ。時間によってライトアップの色が変わる。シカゴで一番ロマンチックな場所だ。テレサさんと一緒に三脚を立て、静かな水のショーを楽しんだ。

 グラント・パークといえば、ブルズの優勝パレードの終着点だった。バスを降りた選手たちがステージに集まり、ファンに向かってスピーチする。
 私も一度行った。よい場所をとるために、みんな前の晩から公園の外で徹夜して待つ。6月半ばだというのにシカゴは寒くて、いきなり嵐になった。トイレにも行きたいし、どうなることかと思ったけれど、選手が到着する直前に見事な快晴になった。

 ツアーの最後は、ミュージアム・ディストリクトの突端まで行って、シカゴの夜景を撮った。ミシガン湖の水面にリフレクトするシカゴの街は、やさしく輝く宝石箱。
 テレサさんにアドバイスをもらいながら、シャッターを押す。もちろんプロのようにきれいなポストカード写真は撮れないけれど、十分満足。楽しめればそれでいい。

 「おつかれさま会」は、シカゴ名物ディープ・ディッシュ・ピザと、地ビールで。店のテレビでブルズの試合が流れていれば、さらにグッド。

 テレサさんいわく、プロでもシカゴを撮るのは難しい。湖畔に長く伸びているので、東側から街を撮るのに適した時間が限られているからだとか。
 全景を撮りたいなら、ネイビー・ピアの近くにあるオリーブ・パークからが、テレサさんのおすすめ。朝焼けと、ブルー・アワーと呼ばれる夕日の後の時間帯が、ひときわ美しいそうだ。

 異国の旅先や大自然の中で、プロに教わりながら回る「フォトグラフィー・ツアー」や「フォト・サファリ」は、最近どこでも人気だ。でも、わざわざ僻地に行かなくても、絵になる「絶景」はたくさんある。シカゴがそう教えてくれた。
 

シカゴ名物ディープ・ディッシュ・ピザで、「おつかれさまー」 Photo © Mirei Sato

シカゴ名物ディープ・ディッシュ・ピザで、「おつかれさまー」
Photo © Mirei Sato


 

1 2 3 4

5

6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

注目の記事

  1. 活火山がうごめき、黒い溶岩が大地を這う。ハワイ島(ビッグ・アイランド)は、生きている。ハワイを形成する6つの島の中で、一番年齢が「若い」。まだ、たったの70万歳。島には、命が、息吹が、みなぎっている。
  2.  早いもので、あなたがレインボーブリッジのもとに旅立ってから5年半以上もの日々が過ぎました。...
  3. Nitori
    カリフォルニア州オンタリオにオフィスを構えるNitori USA, Inc.のCEO Shuni...
  4. Part1 北米・ヨーロッパの名産を日本へ Nishimoto World Gift 詳細...
  5. 出発点はレコード針 AUTECの出発点は、東京の町田にあるAudio Tech...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る