シリーズアメリカ再発見㉞
カメラで歩く絶景のシカゴ

文&写真/佐藤美玲(Text and photos by Mirei Sato)

 

夕暮れのバッキンガム噴水 Photo © Mirei Sato

夕暮れのバッキンガム噴水
Photo © Mirei Sato

 夕暮れを待って、グラント・パークのバッキンガム噴水へ。時間によってライトアップの色が変わる。シカゴで一番ロマンチックな場所だ。テレサさんと一緒に三脚を立て、静かな水のショーを楽しんだ。

 グラント・パークといえば、ブルズの優勝パレードの終着点だった。バスを降りた選手たちがステージに集まり、ファンに向かってスピーチする。
 私も一度行った。よい場所をとるために、みんな前の晩から公園の外で徹夜して待つ。6月半ばだというのにシカゴは寒くて、いきなり嵐になった。トイレにも行きたいし、どうなることかと思ったけれど、選手が到着する直前に見事な快晴になった。

 ツアーの最後は、ミュージアム・ディストリクトの突端まで行って、シカゴの夜景を撮った。ミシガン湖の水面にリフレクトするシカゴの街は、やさしく輝く宝石箱。
 テレサさんにアドバイスをもらいながら、シャッターを押す。もちろんプロのようにきれいなポストカード写真は撮れないけれど、十分満足。楽しめればそれでいい。

 「おつかれさま会」は、シカゴ名物ディープ・ディッシュ・ピザと、地ビールで。店のテレビでブルズの試合が流れていれば、さらにグッド。

 テレサさんいわく、プロでもシカゴを撮るのは難しい。湖畔に長く伸びているので、東側から街を撮るのに適した時間が限られているからだとか。
 全景を撮りたいなら、ネイビー・ピアの近くにあるオリーブ・パークからが、テレサさんのおすすめ。朝焼けと、ブルー・アワーと呼ばれる夕日の後の時間帯が、ひときわ美しいそうだ。

 異国の旅先や大自然の中で、プロに教わりながら回る「フォトグラフィー・ツアー」や「フォト・サファリ」は、最近どこでも人気だ。でも、わざわざ僻地に行かなくても、絵になる「絶景」はたくさんある。シカゴがそう教えてくれた。
 

シカゴ名物ディープ・ディッシュ・ピザで、「おつかれさまー」 Photo © Mirei Sato

シカゴ名物ディープ・ディッシュ・ピザで、「おつかれさまー」
Photo © Mirei Sato


 

1 2 3 4

5

6

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る