ラルフ・ローレンは著作権侵害
テディベアのデザイナーが提訴

Photo © Ryan McKnight

Photo © Ryan McKnight

 ニューヨーク市のぬいぐるみデザイナーが、自分の作品に似たテディベア(小熊のぬいぐるみ)を許可なく販売したとしてデザイナー・ブランド大手ラルフ・ローレンを訴え、損害賠償と著作権侵害の停止を求めている。
 ロイター通信によると、原告は同市マンハッタン区のサマンサ・ゴールドバーグさん。アルビン&スパーキーという会社を経営し、英スコットランド産のカシミヤを材料に大小のテディベアを手作りしている。
 訴状によると、ラルフ・ローレンは2001年からアルビン&スパーキーから仕入れたぬいぐるみを「ビッグ・テディ」は195ドル、「リトル・テディ」は170ドルで販売しているが、13年9月ごろにはカシミヤ毛糸ではない類似商品を24.50〜49.50ドルで、直営店やウェブサイトのほか、メイシーズ、ブルーミングデイルズ、サックス・フィフス・アベニューといった百貨店で販売し始めた。
 また、ぬいぐるみのデザインをあしらったカシミヤの上下を一組にした男児用ベビー服も295ドルで販売している。アルビン&スパーキーのぬいぐるみはロンドンの高級百貨店ハロッズでも販売されており、ラルフ・ローレンはデザインのコピー許諾を受けていない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  2. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  3. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
  4. NFTを買う理由 NFTの購入方法は、日々さまざまな選択肢が追加されています。現在もっとも一般的...
  5. マインドフルネスとは? マインドフルネス(Mindfulness)=“今この瞬間” の心の...
  6. Q.周りに日本人がいない環境で乳幼児を育てています。日本語をどう育んでいくか不安です。 このご質...
  7. Q.海外に長く住んでいて、子どものアイデンティティが心配です。日本人として育ってほしいのですが…...
  8. 2年前に日本食品のオンラインストアをオープンし、2021年12月22日にはジョージア州アトラ...
ページ上部へ戻る