ラルフ・ローレンは著作権侵害
テディベアのデザイナーが提訴

Photo © Ryan McKnight

Photo © Ryan McKnight

 ニューヨーク市のぬいぐるみデザイナーが、自分の作品に似たテディベア(小熊のぬいぐるみ)を許可なく販売したとしてデザイナー・ブランド大手ラルフ・ローレンを訴え、損害賠償と著作権侵害の停止を求めている。
 ロイター通信によると、原告は同市マンハッタン区のサマンサ・ゴールドバーグさん。アルビン&スパーキーという会社を経営し、英スコットランド産のカシミヤを材料に大小のテディベアを手作りしている。
 訴状によると、ラルフ・ローレンは2001年からアルビン&スパーキーから仕入れたぬいぐるみを「ビッグ・テディ」は195ドル、「リトル・テディ」は170ドルで販売しているが、13年9月ごろにはカシミヤ毛糸ではない類似商品を24.50〜49.50ドルで、直営店やウェブサイトのほか、メイシーズ、ブルーミングデイルズ、サックス・フィフス・アベニューといった百貨店で販売し始めた。
 また、ぬいぐるみのデザインをあしらったカシミヤの上下を一組にした男児用ベビー服も295ドルで販売している。アルビン&スパーキーのぬいぐるみはロンドンの高級百貨店ハロッズでも販売されており、ラルフ・ローレンはデザインのコピー許諾を受けていない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 代替食品って何? 代替食品とは…… 肉や魚といった動物性の食品を植物性に置き換え、味や見...
  2. Q.子どもは日本の理系の大学に進みたいといいます。帰国生が理系を選択するのは不利になりますか。 ...
  3. インターネット上では、会社の名誉・評判を毀損するような虚偽の投稿をはじめ、著作権侵害、プライバシー侵...
  4. 2021年10月10日

    留学が転機になった!
    2021年7月末、ロサンゼルス名古屋姉妹都市委員会(LANSCA)と名古屋市との共催による、...
  5. 25年前にLA 郊外のPalm Springsに2年ほど住んでいた。Coachella Va...
  6. ニューメキシコ州の南東部、テキサス州との境に位置するグアダループ山脈の麓には、地底に広がる鍾...
  7. 2021年10月4日

    就職&転職ガイド
    転職大国アメリカの労働市場 アメリカでは転職がごく一般的。United States Depa...
  8. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
ページ上部へ戻る