ラルフ・ローレンは著作権侵害
テディベアのデザイナーが提訴

Photo © Ryan McKnight

Photo © Ryan McKnight

 ニューヨーク市のぬいぐるみデザイナーが、自分の作品に似たテディベア(小熊のぬいぐるみ)を許可なく販売したとしてデザイナー・ブランド大手ラルフ・ローレンを訴え、損害賠償と著作権侵害の停止を求めている。
 ロイター通信によると、原告は同市マンハッタン区のサマンサ・ゴールドバーグさん。アルビン&スパーキーという会社を経営し、英スコットランド産のカシミヤを材料に大小のテディベアを手作りしている。
 訴状によると、ラルフ・ローレンは2001年からアルビン&スパーキーから仕入れたぬいぐるみを「ビッグ・テディ」は195ドル、「リトル・テディ」は170ドルで販売しているが、13年9月ごろにはカシミヤ毛糸ではない類似商品を24.50〜49.50ドルで、直営店やウェブサイトのほか、メイシーズ、ブルーミングデイルズ、サックス・フィフス・アベニューといった百貨店で販売し始めた。
 また、ぬいぐるみのデザインをあしらったカシミヤの上下を一組にした男児用ベビー服も295ドルで販売している。アルビン&スパーキーのぬいぐるみはロンドンの高級百貨店ハロッズでも販売されており、ラルフ・ローレンはデザインのコピー許諾を受けていない。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

注目の記事

  1. アメリカで翻訳と通訳を行うKawamura InternationalのManaging Direc...
  2.  ソノマといえば、ナパと並んで、北カリフォルニアのワインカントリーの雄。オークランドに5年住...
  3. 2018年、今年こそダイエットを成功させたいと願う読者のために、「過食しないための秘訣」をお届け...
  4. 翻訳に携わる 履修科目: 翻訳(大学院プログラム、科目単位履修) スクール:Babe...
  5. ハワイ諸島主要8島の北西に、小さな島々が点々と広がるエリアがあるのをご存知だろうか。ここパパ...

デジタル版を読む

フロントライン最新号
ページ上部へ戻る