Vrbo Japan

そのサーモン本当に「ワイルド」?
レストランで産地偽装が横行

salmon-518032_1920

 この冬は、レストランで高い値段のついたワイルド・サーモンの料理を頼むなら、もう一度よく確認したほうがいい。産地偽装の可能性が高いからだ。
 10月28日付のUSAトゥデイの記事(“Study finds very high level of salmon fraud in restaurants”)によると、これまでにもエビやクラブケーキなどの産地偽装を暴いてきた団体「オセアナ」が、冬にかけてレストランで出されるサーモンの67%が産地偽装である、との報告書を発表した。
 多くのレストランでは、メニューに「野生の(ワイルド)サーモン」とうたって高値をつけているが、その大半は、養殖だ。
 2013年から14年の冬にかけて、シカゴ、ワシントンDC、ニューヨーク、バージニアでサンプル調査した82尾のサーモンのうち、43%が産地偽装だった。
 オセアナは産地偽装を回避するには、「旬」のサーモンだけを食べるしかないという。一般に、野生のサーモンが獲れるのは、5月から9月にかけてだ。
 旬のシーフードを新鮮なうちに食べ、疑問に思えば産地がどこかを尋ねることによって、透明性が増し、価格チェック機能を働かせることにもなるとオセアナは主張している。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  2. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  3. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  4. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  5. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  6. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  7. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  8. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
ページ上部へ戻る