そのサーモン本当に「ワイルド」?
レストランで産地偽装が横行

salmon-518032_1920

 この冬は、レストランで高い値段のついたワイルド・サーモンの料理を頼むなら、もう一度よく確認したほうがいい。産地偽装の可能性が高いからだ。
 10月28日付のUSAトゥデイの記事(“Study finds very high level of salmon fraud in restaurants”)によると、これまでにもエビやクラブケーキなどの産地偽装を暴いてきた団体「オセアナ」が、冬にかけてレストランで出されるサーモンの67%が産地偽装である、との報告書を発表した。
 多くのレストランでは、メニューに「野生の(ワイルド)サーモン」とうたって高値をつけているが、その大半は、養殖だ。
 2013年から14年の冬にかけて、シカゴ、ワシントンDC、ニューヨーク、バージニアでサンプル調査した82尾のサーモンのうち、43%が産地偽装だった。
 オセアナは産地偽装を回避するには、「旬」のサーモンだけを食べるしかないという。一般に、野生のサーモンが獲れるのは、5月から9月にかけてだ。
 旬のシーフードを新鮮なうちに食べ、疑問に思えば産地がどこかを尋ねることによって、透明性が増し、価格チェック機能を働かせることにもなるとオセアナは主張している。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  2. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  3. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  4. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  5. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  6. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  7. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  8. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
ページ上部へ戻る