アパラチアン・トレイル
人気急上昇で環境破壊進む?

AppalachianTrail-2

 ジョージア州からメイン州まで、14州を通過する総延長約3500キロの自然歩道「アパラチアン・トレイル」。ここを歩いて踏破しようとする人の数が急増しており、環境破壊を心配する声が上がっている。
 ニューヨーク・タイムズ(8月30日付)によると、多くのハイカーが、ジョージア州のスプリンガー・マウンテンを春に出発し、メイン州のバクスター州立公園が10月15日に閉鎖される前に同州のカタディン・マウンテンの山頂のゴールをめざす。
 アパラチアン・トレイルを一躍有名にしたのは、「A Walk in the Woods」(1988年出版、ビル・ブライソン著)のベストセラー小説だ。小説の影響で、翌99年、アパラチアン・トレイルの利用者は45%も増えた。
 今年9月には、小説をもとにした同名の映画が、ロバート・レッドフォードとニック・ノルティ主演で公開され、アパラチアン・トレイルの人気が再燃している。
 昨年公開されたリース・ウェザースプーン主演の映画「Wild」で、舞台となったパシフィック・クレスト・トレイルを歩くハイカーが急増した例からも、アパラチアン・トレイルのさらなる「混雑」が予想される。
 利用者が増えるにつれ、山頂でお祭り騒ぎや問題行動を起こす人も増えている。
 そのため、バクスター州立公園では、通行者の制限や、トレイルの一部閉鎖を検討している。すでに1日の駐車台数を制限し、12人以上のグループの利用や、公園内でのゴミ捨てや飲酒、トレイル沿いでのキャンプも禁じている。今後さらに、許可証の発行などで入園者を制限する予定だ。
 特に、ウルトラ・マラソン・ランナーが、アパラチアン・トレイルを46日間8時間7分で制覇(過去の記録を3時間以上も早めた)した際に、カタディン山頂でシャンパンを振りまいて祝った行為が、問題になった。
 一方で、国立公園局や70以上の地方自治体と協力してトレイルを管理する「アパラチアン・トレイル保護団体」は、利用者の増加を歓迎している。ウェブサイトで、レッドフォードの映画を宣伝しているほどだ。個人が責任を持って利用すれば、ハイカーが増えても問題はないと考えている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る