巨大ティタノサウルス新種、1月15日からNYアメリカ自然史博物館で模型と化石を公開

 ニューヨーク・マンハッタンにある「アメリカ自然史博物館」は、1月15日から、巨大な恐竜ティタノサウルスの実物大の模型を展示、一般に公開する。

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

 同博物館によると、これまでに化石が見つかった恐竜の中では最大級で、再現した模型は、全長122フィートにもなる。
 新種のため、まだ科学者たちも正式名称を決めていないほど。1億年前に存在した草食動物で、実際には体重が約70トン、アフリカゾウ10頭分もあったと考えられている。
 模型が大きすぎて展示ギャラリーにおさまりきらないため、39フィートの長さの首の部分は、エレベーターホールへ向かって、はみ出している。1月14日、報道陣などに初めて公開された。
 模型は、2014年にアルゼンチン・パタゴニアで見つかった233個の骨の化石をもとに、再現された。8フィートもする腿の骨の化石は、特にユニークな形をしており、模型と一緒に展示公開される。

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

 謎が多いティタノサウルスと、ドラマチックな化石発見のストーリーを追ったドキュメンタリー番組は、2月にPBSなどで放映される。
 同博物館には、空を泳いでいるように見えるブルー・ホエールの展示や、ティラノサウルスのやはり巨大な骨格標本などがある。ティタノサウルスは、これら人気の展示物に仲間入りすることになる。

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

American Museum of Natural History

◾️所在地:Central Park West at 79th Street, New York, NY 10024
◾️開館時間:毎日10am〜5:45pm
◾️入場料(suggested):一般22ドル、学生&シニア17ドル、子供12.5ドル。特別展やIMAXは別料金。ニューヨーク市の学校やキャンプの団体は無料。
◾️詳細:amnh.org
◾️問い合わせ:212-769-5100

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  2. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
  3. 2022年6月5日

    住めば都
    ジャカランダの道 太陽が暖かい。春から夏にかけ、輝く青空と真綿のような太陽の暖かさは格別だ。...
  4. これからのエンターテインメントの未来を変えるといわれているNFTs。今回は、中でも簡単にイメージで...
  5. モンタナ州で グランピング体験 モンタナ州の北部、カナダとの国境に位置するグレイシ...
  6. 2022年4月12日

    大学の日本語クラス
    アメリカの大学の日本語クラスは人気がある。私自身、過去にカリフォルニア大学ロサンゼルス校(U...
  7. 2022年4月10日

    家を遺す
    家の売買に関わる仕事を長年している。人それぞれ異なった理由でこの職業を選択するのだろうが、私...
  8. 大西洋岸に面したカナダのノバスコシア州にある小さな港町・ルーネンバーグ。赤、青、緑、黄色……...
ページ上部へ戻る