巨大ティタノサウルス新種、1月15日からNYアメリカ自然史博物館で模型と化石を公開

 ニューヨーク・マンハッタンにある「アメリカ自然史博物館」は、1月15日から、巨大な恐竜ティタノサウルスの実物大の模型を展示、一般に公開する。

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

 同博物館によると、これまでに化石が見つかった恐竜の中では最大級で、再現した模型は、全長122フィートにもなる。
 新種のため、まだ科学者たちも正式名称を決めていないほど。1億年前に存在した草食動物で、実際には体重が約70トン、アフリカゾウ10頭分もあったと考えられている。
 模型が大きすぎて展示ギャラリーにおさまりきらないため、39フィートの長さの首の部分は、エレベーターホールへ向かって、はみ出している。1月14日、報道陣などに初めて公開された。
 模型は、2014年にアルゼンチン・パタゴニアで見つかった233個の骨の化石をもとに、再現された。8フィートもする腿の骨の化石は、特にユニークな形をしており、模型と一緒に展示公開される。

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

 謎が多いティタノサウルスと、ドラマチックな化石発見のストーリーを追ったドキュメンタリー番組は、2月にPBSなどで放映される。
 同博物館には、空を泳いでいるように見えるブルー・ホエールの展示や、ティラノサウルスのやはり巨大な骨格標本などがある。ティタノサウルスは、これら人気の展示物に仲間入りすることになる。

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

American Museum of Natural History

◾️所在地:Central Park West at 79th Street, New York, NY 10024
◾️開館時間:毎日10am〜5:45pm
◾️入場料(suggested):一般22ドル、学生&シニア17ドル、子供12.5ドル。特別展やIMAXは別料金。ニューヨーク市の学校やキャンプの団体は無料。
◾️詳細:amnh.org
◾️問い合わせ:212-769-5100

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2021年6月8日

    産後うつ
    文章を書く時、明確なルールを自分に課している。それは家族のこと、仕事のことは一切書かないとい...
  2. 2020年6月に高校を卒業したニナは、その年の秋に自宅から車で40分ほどのカリフォルニア大学...
  3. バイデン大統領は2021年3月、新型コロナウイルス経済対策法案に署名し同法が成立しました。米...
  4. フロリダ州の南端に位置するエヴァーグレーズ国立公園は、北米最大の湿原地帯。フロリダ半島の真ん...
  5. 幼児期 “何を読むか” ではなく “これを読みたい” が重要 「この絵本、楽しそう。うちの...
  6. 自動車保険への加入はアメリカのほとんどの州法で義務付けられていますが、the Insuran...
  7. ニナが進学したカリフォルニア大学からは、「ペアレントナイト」といったタイトルのバーチャルイベ...
  8. ワシントン州の北西部、オリンピック半島に位置するオリンピック国立公園。約100万エーカーもの...
ページ上部へ戻る