巨大ティタノサウルス新種、1月15日からNYアメリカ自然史博物館で模型と化石を公開

 ニューヨーク・マンハッタンにある「アメリカ自然史博物館」は、1月15日から、巨大な恐竜ティタノサウルスの実物大の模型を展示、一般に公開する。

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

 同博物館によると、これまでに化石が見つかった恐竜の中では最大級で、再現した模型は、全長122フィートにもなる。
 新種のため、まだ科学者たちも正式名称を決めていないほど。1億年前に存在した草食動物で、実際には体重が約70トン、アフリカゾウ10頭分もあったと考えられている。
 模型が大きすぎて展示ギャラリーにおさまりきらないため、39フィートの長さの首の部分は、エレベーターホールへ向かって、はみ出している。1月14日、報道陣などに初めて公開された。
 模型は、2014年にアルゼンチン・パタゴニアで見つかった233個の骨の化石をもとに、再現された。8フィートもする腿の骨の化石は、特にユニークな形をしており、模型と一緒に展示公開される。

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

 謎が多いティタノサウルスと、ドラマチックな化石発見のストーリーを追ったドキュメンタリー番組は、2月にPBSなどで放映される。
 同博物館には、空を泳いでいるように見えるブルー・ホエールの展示や、ティラノサウルスのやはり巨大な骨格標本などがある。ティタノサウルスは、これら人気の展示物に仲間入りすることになる。

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

Photo Courtesy: American Museum of Natural History

American Museum of Natural History

◾️所在地:Central Park West at 79th Street, New York, NY 10024
◾️開館時間:毎日10am〜5:45pm
◾️入場料(suggested):一般22ドル、学生&シニア17ドル、子供12.5ドル。特別展やIMAXは別料金。ニューヨーク市の学校やキャンプの団体は無料。
◾️詳細:amnh.org
◾️問い合わせ:212-769-5100

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る