「クラフトビール」とはもう言えない?
大手が地ビール醸造所を続々買収

Photo @ Daniel Lobo

Photo @ Daniel Lobo

 クラフトビールの人気の高まりに伴い、大手ビール会社による中小クラフトビール醸造所の買収が増えている。
 10月11日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Craft brews are in great demand, and so are the breweries”)によると、9月に複数の有名なカリフォルニアのクラフトビール醸造所が、大手ビール会社と業務提携を結んだり買収されたりした。
 なかでも、人気の「ラグニタス」の株式の50%をハイネケンが取得した、というニュースは大きかった。
 その数日後には、サンディエゴを拠点にする「セント・アーチャー」を、ミラー・クアーズが買収。ロサンゼルスで最も大きい「ゴールデン・ロード」も、アンハイザー・ブッシュに買収された。
 大手による買収や業務提携で、クラフトビール醸造所はこれまで大切にしてきた顧客から、「魂を売った」と非難される可能性がある。
 大手による買収ブームの背景には、クラフトビール市場の成長率が米ビール市場全体の成長率を上回り、製造量でも11%を占めるまでになっているという事実がある。カリフォルニアだけで600近くの醸造所があるうえ、全米のほぼすべての州にクラフトビール醸造所が存在するまでになった。
 特にロサンゼルス郡における成長は著しく、2010年には数カ所しかなかった醸造所が、現在では30以上まで増えた。
 消費者は、既存の大手のビールに背を向け、クラフトビールを好むようになってきた。そのせいで売り上げが減るのを防ぐために、大手はライバルを買収しようと躍起だ。
 アンハイザー・ブッシュはすでに、シカゴの「グース・アイランド」、ニューヨークの「ブルー・ポイント」、オレゴンの「テン・バレル」、ワシントンの「エリシアン」を傘下に収めた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 2022年8月11日

    有名人の親に学ぶ
    日本でも動画を撮影。シオンさんは右から2人目 写真提供:シオン・カジ 先日、超有名キッズユー...
  2. 2022年8月9日

    遊び上手
    独断と偏見だが、アメリカ人の良いところは遊び上手なことではないだろうか。日本人の若い方々は...
  3. カナダの東部、大西洋上に浮かぶニューファンドランド島。この島の西岸に位置するグロス・モーン国立公園...
  4. NFT.NYC 2022に参加してきました! 6月に開催された世界最大のNFTカンフ...
  5. オンライン補習校校長の谷口弘芳先生 日本語で日本の教科を学ぶ 西大和学園オンライン補習...
  6. 2022年8月1日

    NFTの未来
    NFTってそもそも何? 最近よく聞くNFTは、「Non-Fungible Token...
  7. 働き方に対する考え方は、アメリカと日本では大きく異なります。雇用、残業、休憩時間、ハラスメ...
  8. 2022年6月7日

    はじめてのおつかい
    動画配信サービスのNetflixで『はじめてのおつかい』が人気だ。英語のタイトルは『Old...
ページ上部へ戻る