「セレブ&リッチ」の専用ターミナル
ロサンゼルス国際空港、設置を認可

Photo © Prayitno

Photo © Prayitno

 ロサンゼルス国際空港(LAX)が、有名人や金持ちの旅行者のために、専用のターミナルを設置することを決めた。
 11月18日付ロサンゼルス・タイムズの記事(“Airport commission approves a private LAX lounge for the rich and famous”)によると、専用ターミナルは、ラウンジのような位置付けで、空港最南端の滑走路に隣接する貨物ターミナルを転用した建物の中に設ける。
 利用料金は1回の旅行につき最高1800ドル程度。空港の混雑したメーンターミナルを通らなくても、専用ターミナルの駐車場および降車エリアに直接乗り入れられる。ラウンジの中のプライベートな部屋も利用できて、飛行機の搭乗時間が近づくと、シャトルでメーンターミナルのゲートまで移動する。
 対象に描いているのは、ハリウッドのセレブ、スポーツ選手、外交官など。混雑する空港の中で、写真を撮ろうと待ち構えるパパラッチや、サインを求めるファンが引き起こす混乱をなくし、プライバシーを守るのが目的だという。
 建設および運営は、セレブな顧客を抱えるセキュリティー会社が引き受ける。建物を10年契約でリースし、その間に改装費として最低300万ドルを投入するという。
 このリースによって、LAXを運営するロサンゼルス・ワールド・エアポーツは、初年度で約375万ドル、10年間で3400万ドルの利益を見込んでいる。
 同様の施設はすでに、アムステルダム、ドバイ、ロンドン、モスクワ、パリ、フランクフルト、マドリッドなど、複数の主要都市で導入されている。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. アメリカ在住者で子どもがいる方なら「イマージョンプログラム」という言葉を聞いたことがあるか...
  2. 2024年2月9日

    劣化する命、育つ命
    フローレンス 誰もが年を取る。アンチエイジングに積極的に取り組まれている方はそれなりの成果が...
  3. 長さ8キロ、幅1キロの面積を持つミグアシャ国立公園は、脊椎動物の化石が埋まった岩層を保護するために...
  4. 本稿は、特に日系企業で1年を通して米国に滞在する駐在員が連邦税務申告書「Form 1040...
  5. 私たちは習慣や文化の違いから思わぬトラブルに巻き込まれることがあり、当事務所も多種多様なお...
  6. カナダの大西洋側、ニューファンドランド島の北端に位置するランス·オー·メドー国定史跡は、ヴァイキン...
  7. 2023年12月8日

    アドベンチャー
    山の中の野花 今、私たちは歴史上経験したことのないチャレンジに遭遇している。一つは地球温暖化...
  8. 2023年12月6日

    再度、留学のススメ
    名古屋駅でホストファミリーと涙の別れ(写真提供:名古屋市) 以前に、たとえ短期であっても海外...
ページ上部へ戻る