Disco International

パワハラは小企業で頻発
上司の教育水準が影響か

kitchen-731351_640

 小企業の社員は大企業に比べ上司から嫌がらせや精神的虐待を受ける可能性が高いという調査結果を、ネブラスカ大学の研究者らが発表した。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、同大オマハ校のデイル・イーズリー、パトリシア・メグリッチの両准教授(いずれも経営学)が、社員50人以下の小企業で働く労働者131人とより大きな企業で働く198人に職場での虐待の有無を尋ねたところ、「上司から虐待を受けている」と答えた人の割合は、小企業で79%、より大きな企業では71%だった。さらに「ひどい虐待を受けている」の回答は小企業で15.3%と、大企業のほぼ2倍に上った。
 調査対象は大半がレストランや小売店の労働者で、3分の1は製造業から非営利団体までさまざま。虐待の内容も、残業の強要から怒鳴るといった威嚇的な行動まで幅広い。研究論文は専門誌ジャーナル・オブ・エシックス・アンド・アントレプレナーシップに掲載された。
 論文は、虐待が起きる大きな要因の1つとして教育の影響を指摘している。教育は上司の部下とのやりとりで重要な役割を果たし、「教育水準が高いほど自然と自己の利益以外を考えるようになる」が、 小企業は大手に比べて教育水準の低い上司が多いという。
 さらに、小企業では勤務評価が行われないことが多く、自己の行動の問題を意識していない上司が厳しい評価を受けて反省するといった機会が少ない。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  2. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  3. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  4. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  5. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  6. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  7. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  8. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
ページ上部へ戻る