高額のスキンケア商品が不振
自撮り世代は即効性重視

cream-1327847_640

 1980〜90年代に生まれたミレニアル世代(Y世代)は、将来の肌の老化に備えて高いスキンクリームにお金をかけるより即効性ある商品を買い求める傾向が強く、長年アンチエイジング商品に依存してきた化粧品メーカーの業績を脅かしている。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、セラム(美容液)やフェイスクリームなどアンチエイジング商品の2015年米売上高は36億ドルで、前年比2%の伸びにとどまった。これに対しメイクアップ商品の売り上げは51億ドルと8%増加した(ユーロモニター調べ)。
 エスティローダーのファブリツィオ・フレダ最高経営責任者(CEO)は「Y世代は将来でなく今結果を求める。今の30歳はその母親が30歳だった時より自分の写真を撮ることが多く、40歳になった時ではなく今の肌がどう見えるかを気にする」と話す。Y世代は消費者用品業界が重視する世代で、米人口の約4分の1を占め、15年にはベビーブーム世代を抜いて構成比が最大となった。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ニュースレター
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 文/カロリーナ A. フォーノス、マーク R. ヘレラー、マリア T. ガレノ、アダム マルク 有...
  2. 注)情報はすべて2020年11月15日現在のものです。最新情報は専門家にお問い合わせください。 ...
  3. 「栄養バランスの取れたおいしい和食を家庭で簡単に」。ニューヨークに4店舗を構える日本の弁当専...
  4. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  5. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  6. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  7. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  8. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
ページ上部へ戻る