第16回「ドリンキングで酢」

文&写真/小野アムスデン道子(Text and photos by Michiko Ono Amsden)

健康志向のこの町で人気
飲むお酢が棚に並ぶ

 このUS FrontLineも配布されている、有名な日系スーパーマーケット「宇和島屋」。ポートランドに隣接するビーバートンの支店の棚に調理用の酢と並んで飲むお酢が置かれている。一つは、シソやユズなどの絵が描かれたラベルがかわいい「Genki-Su(げんき酢)」。もう一つは、黄色のラベルが目立つ「Pok Pok Som(ポク・ポク・サム)」だ。

 Genki-Suを創業したのは、ポートランドに住む日本人の新城貴子さん。「ヨガの講師もしていて、ヨガの後に酢を出したらとても好評でした。そこで、2012年からイベントやファーマーズマーケットでGenki-Suを売り始めました」とそのきっかけを語る。「ジョギングやハイクを楽しみ、子供の給食の食材にこだわるなど、コミュニティー志向、健康志向が高いポートランドで、飲むお酢に対する手応えを感じました。ウェブで生産のための資金集めを行うと、地元の出資者がイベントに来てくださったのです」。今ではオレゴン州外にも顧客が広がってきている。原材料の酢はフィリピンから輸入しているココナツビネガーはじめ3種類の酢をブレンドし、生のフルーツを利用して自然な風味を出している。おすすめの飲み方はソーダ割りで、各フレーバーに濃縮タイプと、既に炭酸水で割った物と2種類を作っている。また、カクテルのフレーバーとしても利用している人もいるそう。

Genki-Suをローカルのスーパーマーケットで自ら販売する創業者の新城貴子さんPhoto © Michiko Ono Amsden

Genki-Suをローカルのスーパーマーケットで自ら販売する創業者の新城貴子さん
Photo © Michiko Ono Amsden

有名タイレストランの
ビネガー・カクテル

 もう一つの「Pok Pok Som」は、「料理界のアカデミー賞」と言われるジェームズ・ビアード賞やミシュランの一ツ星も獲得したポートランドの有名シェフであるアンディ・リッカーさんがタイ料理とマッチするビネガー・カクテル用に出しているオリジナル果実酢だ。アンディさんは「アメリカでは、アメリカ合衆国植民地時代と呼ばれる18世紀に、シュラブ(shrub)という果実を漬け込んだ甘い酢をスピリッツや水、炭酸水で割って、健康のために飲む習慣がヨーロッパから伝わってきていた。だから酢をカクテルに使うのは昔からあったこと」だと言う。

 2007年頃に、ポク・ポクでカクテルメニューを作った時に、果実酢を使ったアップル・ジン・リッキーというジンベースのビネガー・カクテルを出して、とても好評を得た。当初は、アジアン・マーケットで果実酢を買っていたが、安定した確保が難しく、自分で造ることにしたという。ベースのサトウキビビネガーはフィリピンから輸入。ナチュラルなフルーツにオーガニックの砂糖を使って、定番のアップル、ハニー、タマリンド、ポメグラネイト(ザクロ)のほかに季節の商品など、ラインナップは全20種類、うちだいたい8種類を常時売っている。「Pok Pok Som」は、酸度2.5%と酸っぱ過ぎない味に仕上げており、甘酸っぱいまろやかな味が人気で、日本にも輸出されている。

 健康のために酢を飲むのは、アジアの人には馴染みのあることかもしれないが、それが商品化までされる背景には、やはりポートランドの健康志向があるようだ。

タイ料理とウィスキーを楽しめる店「ウィスキー・ソーダ・ラウンジ」にてアンディ・リッカーさんPhoto © Michiko Ono Amsden

タイ料理とウィスキーを楽しめる店「ウィスキー・ソーダ・ラウンジ」にてアンディ・リッカーさん
Photo © Michiko Ono Amsden

Genki-Su(げんき酢)
www.genkisu.com

Pok Pok Som(ポク・ポク・サム)

pokpoksom.com

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

小野アムスデン道子 (Michiko Ono Amsden)

ライタープロフィール

世界有数のトラベルガイドブック「ロンリープラネット日本語版」の編集を経て、フリーランスへ。東京とポートランドを行き来しつつ、世界あちこちにも飛ぶ。旅の楽しみ方を中心に食・文化・アートなどについて執筆、編集、翻訳多数。日本旅行作家協会会員。

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る