古着市場は供給過剰
ファストファッション隆盛で

flea-market-804760_640

 先進国で安いファスト・ファッションが流行し、服の買い替え周期が短くなった結果、まだ着られるのに捨てられる衣類の量が増えており、世界の古着市場に大量の商品が流れ込んでいる。
 ウォールストリート・ジャーナルによると、古着となった衣類は、それらが生産された開発途上国に戻っていくことが多い。この流れによってごみが減り、貧困層に安い衣料と雇用が提供されると考えられるため、ファスト・ファッション大手H&Mなどは衣類のリサイクルに乗り出し、2013年に店頭で古着の回収を始めて以来すでに2万トン以上を再利用している。
 一方、新興国のアパレル業界には、古着の大量供給は地元の繊維業界の成長を妨げるとの声もある。このためインドは、古着の処理や再輸出は認める一方、国内での販売は禁止した。他の多くの国も古着の増加による影響を懸念しており、同種の規制やアフリカの部分的な経済減速などによって古着の需要は低下している。しかし供給はとどまることなく、ほとんどは西側の消費者の寄付品が慈善団体によって仲介業者に売られ、発展途上国に送られている。
 しかし最近は、原油価格の低下や中国の需要の冷え込みなどで、新品のアクリル製毛布の方が再生材料の商品より安くなっている。また、古着の価格もこの1年で30〜50%低下している。英国繊維再生業協会のアラン・ウィーラー氏は「リサイクル業界の成長には新しい市場がどうしても必要」と話した。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Vrbo Japan
Universal Mobile

注目の記事

  1. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  2. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  3. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  4. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  5. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  6. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  7. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  8. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
ページ上部へ戻る