日本人の癖?「イメージ」を使った英語表現

日本の方がよく口にする「イメージチェンジ(イメチェン)」や「イメージアップ/イメージダウン」といった表現は、和製英語なのはご存知ですか?他にも「イメージ」という単語を用いて何かを表現する機会は、日本語では多いかと思います。その影響からか、英語での「Image(イメージ)」の用法にちょっと違和感を感じるので、今日はその辺について解説していこうと思います。


1) I imagine (that) _____
→「私のイメージでは◯◯」

「私のイメージでは」や「〜のイメージがある」を「My image is」や「I image」と 表現する人をよく見かけますが、正しくは「I imagine (that) _____」になります。“Imagine”は自分が想像することや推測することを意味します。例えば、「アメリカ人はみんな銃を所持しているイメージがあります」は「I imagine that all Americans carry guns.」になります。

✔︎「I feel that _____」も会話でよく使われる表現。

・I imagine him to be a shy person.(私のイメージでは、彼は恥ずかしがり屋なのですが。)
・I can’t imagine her losing her temper.(彼女がキレてしまうことはイメージできません。)
・I feel that everything is expensive in New York.(ニューヨークは全ての物が高いイメージがあるのですが。)

2) What’s your view on _____?
→「◯◯に対するイメージは何ですか?」

「What’s your image of ______?」でも間違いではありませんが、アメリカ人は日常会話で「image」という表現を避けることが多いです。「View」は「物の見方」を意味することから、相手に何かに対する「イメージ」を尋ねる場合は「What’s your view on _____?」がよく使われます。「〜をどう見る?/どう思う?」を意味します。

✔︎その他にも「How do you view _____?」や「What do you think about/of when you hear _____?(〜と聞いて思い浮かぶものは何ですか?」などの表現もよく使われる。

・What’s your view on Japan?(日本に対するイメージは何ですか?)
・I want to know your view on American culture.(アメリカ文化に対するイメージが知りたいです。)
・What do you think of when you hear Mexican food?(メキシカン料理に対するイメージは何ですか?)

3) Improve / Hurt one’s image
→「イメージアップ・イメージダウン」

「イメージアップ」と「イメージダウン」は和製英語で、アメリカ人は「Improve one’s image(イメージアップ)」と「Hurt one’s image(イメージダウン)」を使います。

✔︎イメージダウンは「Damage one’s image」や「Harm one’s image」も同じ意味合いで使わる。

・That company really needs to improve their image.(あの企業はイメージアップを図らないといけない。)
・The latest scandal hurt that singers image.(最近のスキャンダルであの歌手はイメージダウンしました。)
・Don’t do anything that will damage our image.(我々のイメージダウンになるようなことは絶対しないように。)

4) A new look
→「イメージチェンジする・イメチェン」

「イメージチェンジ」も和製英語になります。英語ではイメージチェンジを意味する表現の仕方はたくさんありますが、最も無難な言い方は「A new look」になります。例えば、「イメージチェンジをしたかったから髪を切りました」は「I wanted a new look so I decided to cut my hair.」になります。「イメチェンしたね」と相手に伝えたい場合は「You got a new look.」になります。

✔︎「イメージチェンジしたかった」は「I wanted a change」となり、具体的に「〜にチェンジしたかった」と伝える場合は「I want(ed) to change _____」になる。

・I wanted a new look so I decided to dye my hair.(イメチェンしたかったので、髪の毛を染めました。)
・You got a new look! The bangs look great on you!(イメチェンしましたね。前髪似合っていますよ!)
・I want to change my hairstyle. I’m thinking about getting a perm.(イメージチェンジしたいから、パーマをかけようと思ってさ。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 九州より広いウッド・バッファロー国立公園には、森と湿地がどこまでも続いている ©Parc nati...
  2. 2022年12月9日

    住みたい国
    熊本県八代市の「くまモンポート八代」で 8月の終わりから9月中頃にかけて、私とニナは日本に飛...
  3. 2022年12月7日

    日常の些事
    冬の落ち葉 年齢を重ねると、だんだんと感動が薄くなるとはよくいわれる。ほとんどのことは過去に...
  4. 2022年12月6日

    美酒と器
    酒器の種類 酒器にはさまざまな素材、形のものが存在する。適切な器を選ばないとお酒本来...
  5. 契約上のトラブル 広範囲にわたる法律問題を扱う弊社にはさまざまなお問い合わせがありま...
  6. この号が出る頃、私とニナは日本での3週間の滞在を終えてアメリカに戻っているはずだ。ニナにと...
  7. 2022年10月7日

    森英恵の反骨精神
    裏庭の蝶 ファッションが好きな女性はたくさんいるだろう。私もその一人だ。休日の気晴らしは以前...
  8. およそ2000人の作業員により、6年間で建設されたリドー運河 カナダの首都オタワと、5大湖の...
ページ上部へ戻る