日本人の癖?「イメージ」を使った英語表現

日本の方がよく口にする「イメージチェンジ(イメチェン)」や「イメージアップ/イメージダウン」といった表現は、和製英語なのはご存知ですか?他にも「イメージ」という単語を用いて何かを表現する機会は、日本語では多いかと思います。その影響からか、英語での「Image(イメージ)」の用法にちょっと違和感を感じるので、今日はその辺について解説していこうと思います。


1) I imagine (that) _____
→「私のイメージでは◯◯」

「私のイメージでは」や「〜のイメージがある」を「My image is」や「I image」と 表現する人をよく見かけますが、正しくは「I imagine (that) _____」になります。“Imagine”は自分が想像することや推測することを意味します。例えば、「アメリカ人はみんな銃を所持しているイメージがあります」は「I imagine that all Americans carry guns.」になります。

✔︎「I feel that _____」も会話でよく使われる表現。

・I imagine him to be a shy person.(私のイメージでは、彼は恥ずかしがり屋なのですが。)
・I can’t imagine her losing her temper.(彼女がキレてしまうことはイメージできません。)
・I feel that everything is expensive in New York.(ニューヨークは全ての物が高いイメージがあるのですが。)

2) What’s your view on _____?
→「◯◯に対するイメージは何ですか?」

「What’s your image of ______?」でも間違いではありませんが、アメリカ人は日常会話で「image」という表現を避けることが多いです。「View」は「物の見方」を意味することから、相手に何かに対する「イメージ」を尋ねる場合は「What’s your view on _____?」がよく使われます。「〜をどう見る?/どう思う?」を意味します。

✔︎その他にも「How do you view _____?」や「What do you think about/of when you hear _____?(〜と聞いて思い浮かぶものは何ですか?」などの表現もよく使われる。

・What’s your view on Japan?(日本に対するイメージは何ですか?)
・I want to know your view on American culture.(アメリカ文化に対するイメージが知りたいです。)
・What do you think of when you hear Mexican food?(メキシカン料理に対するイメージは何ですか?)

3) Improve / Hurt one’s image
→「イメージアップ・イメージダウン」

「イメージアップ」と「イメージダウン」は和製英語で、アメリカ人は「Improve one’s image(イメージアップ)」と「Hurt one’s image(イメージダウン)」を使います。

✔︎イメージダウンは「Damage one’s image」や「Harm one’s image」も同じ意味合いで使わる。

・That company really needs to improve their image.(あの企業はイメージアップを図らないといけない。)
・The latest scandal hurt that singers image.(最近のスキャンダルであの歌手はイメージダウンしました。)
・Don’t do anything that will damage our image.(我々のイメージダウンになるようなことは絶対しないように。)

4) A new look
→「イメージチェンジする・イメチェン」

「イメージチェンジ」も和製英語になります。英語ではイメージチェンジを意味する表現の仕方はたくさんありますが、最も無難な言い方は「A new look」になります。例えば、「イメージチェンジをしたかったから髪を切りました」は「I wanted a new look so I decided to cut my hair.」になります。「イメチェンしたね」と相手に伝えたい場合は「You got a new look.」になります。

✔︎「イメージチェンジしたかった」は「I wanted a change」となり、具体的に「〜にチェンジしたかった」と伝える場合は「I want(ed) to change _____」になる。

・I wanted a new look so I decided to dye my hair.(イメチェンしたかったので、髪の毛を染めました。)
・You got a new look! The bangs look great on you!(イメチェンしましたね。前髪似合っていますよ!)
・I want to change my hairstyle. I’m thinking about getting a perm.(イメージチェンジしたいから、パーマをかけようと思ってさ。)

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  2. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  3. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  4. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  5. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  6. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  7. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  8. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
ページ上部へ戻る