ネイティブが最もよく使う「Come on」の7パターン

ネイティブが日常会話でよく使う表現の一つに“Come on!”がありますが、状況や言い方によって意味が変わるため、どうやって使えばいいのかわからない人も多いのではないでしょうか?今回はMarina先生と“Come on”の意味と使い方について話し合っていますので、ぜひご覧ください!


1. イントネーションで意味が変わる “Come on” (0:37)

“come on”はとてもシンプルな表現ではありますが、使う状況や言い方、イントネーションによって相手に伝わる意味が変わるフレーズです。

2. 通常のトーン&強めのトーン (1:20)

通常のトーンで“Come on.”と言うと、「こっちに来て」や「おいで」、「行こう」といった意味でとらえられますが、強い口調で“Come on!”と言うと、「もう早くしてよ」といった意味になり、イライラしていることが相手に伝わります。

3. イライラした時の “Come on” (2:38)

いつも使っている携帯電話が壊れてイライラしているときやネットが遅い時など、自分の思い通りに物事が進まない時に“Come on!”と言うと、「もう、動いてよ!」や「あ~、もうっ!!」といった意味になります。
また、この表現はスマホやPCといった機械だけでなく誰かの言動にイライラしているときに使うこともできます。例えば、相手が自分を理解してくれない時に「もう、わかってよ~」といった意味で使ったり、電車で大声でしゃべるグループに対して「いい加減にしてよ」と感じるような状況で使えます。また、何度注意しても車内での悪ふざけをやめない子供たちに対して“Come on guys. Cut it out!(あなたたち、やめなさい!)”のように使うこともあります。

4. 相手を説得する “Come on” (7:20)

提案やアイデアにあまり乗り気ではない友人を、良い意味で説得するようなシチュエーションでも“come on”を使うことができます。例えば、「きっと楽しいから遊びに行こうよ」と言って気乗りしない友達を誘う時は、“Come on, it’s gonna be a good time. Let’s just go out and hang out!!”のように表現します。
その他、レストランでバイト中の友達に「なんかおまけしてよ~」とねだるような状況で、“Come on man, hook us up!!(いいじゃん、まけてよ~!)”と表現することもあります。

5. 相手を励ます “Come on” (9:01)

落ち込んでいる相手を励ます時は、“Come on. You’re great. You’re going to be amazing. Don’t be so negative.(君はすごいんだから大丈夫だよ。そんなに悲観的にならないで)”のようにポジティブな表現と一緒に“come on”を使うことがあります。

6.応援と落胆に使う “Come on” (10:27)

スポーツ観戦中に選手を応援したり、声援を送って励ます時にも“come on”が使えます。しかし、言い方によっては「怒り」になることもあります。例えば、MLBの大谷選手が活躍している状況で“Come on, Otani!”と言うと「大谷選手、頑張れ!」や「いいぞ、大谷選手!」といった意味になりますが、一方で大谷選手がホームランを打たれてしまったり、ストライクがなかなか取れない状況でイライラしながら“Come on, Otani!”と言うと「もう何やってんの大谷選手?」といった意味になります。

7.急いでいる時に使う “Come on” (12:42)

電車に乗り遅れそうになっている時や、急いでいる時に“Come on. Let’s go!!(早く!急いでいくよ!)”と言う意味で使うこともよくあります。

Universal Mobile

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

Jun Senesac

Jun Senesac

ライタープロフィール

ロサンゼルス出身の日米ハーフ。両親が運営するL.A.の英会話学校「BYB English Center」にて、高校生の頃から英語講師としてのキャリアをスタート。カリフォルニア州にあるUC Santa Barbara大学へ入学し、1年間一橋大学へ交換留学。卒業後、国際交流員として石川県内灘町役場で2年間の勤務を経て、2011年にアメリカへ帰国しBYB姉妹校をアーバインに開校。
2013年に英語学習サイト「Hapa英会話」を設立。2014年の2月よりHapa英会話のPodcastをスタートし、月間およそ40万ダウンロードされるまで成長。iTunes Japanが発表した『Best of 2014/2015』に2年連続選出。YouTubeにて登録者5万人を超える英会話チャンネル「Hapa英会話」を配信。
YouTubeやPodcast、ブログやメルマガなど様々な媒体を通じて、日米文化を取り入れた英語の学習環境を提供。
YouTube: https://www.youtube.com/hapaeikaiwa

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. 偶然出会ったシンクロが人生の糧に シンクロナイズドスイミング(現・アーティスティックスイミング...
  2. 相手の過失で事故に巻き込まれた場合でもご自身の過失で事故を起こしてしまった場合でも、共通した...
  3. 2021年8月9日

    課外活動の重み
    日米の学校や受験システムの違いで実感するのが、生徒の活動への取り組みに対して、日本では短期的...
  4. イリノイ州の南西、ミシシッピ川のすぐそばに位置するカホキア・マウンド州立史跡は、北アメリカ最...
  5. 2021年8月5日

    第81回 街に出ようよ
    1年半のコロナ禍を経て、ようやく以前の人間らしい生活が再開した。この時を待ち望んでいた。屋外...
  6. 老化を引き起こす3つの要因 老化を加速させる3つのキーワードは、“酸化” “糖化” “炎症”。夏は...
  7. 「日本酒の未来をつくる」をビジョンに掲げて2013年に設立された、日本酒事業を行うスタートア...
  8. オンライン上のプライバシーに関する問題は思ったよりも複雑で、デジタルプライバシーを保護するこ...
ページ上部へ戻る