Vol.024:Shopifyのワークショップ「Email Marketing 101」in ROW DTLAに行って来ました〜!

先日、友人のお誘いで参加したワークショップ「Email Marketing 101」の様子を、軽く備忘録も兼ねてレポートしてみたいと思います。

しかし、学生時代は勉強する意味がよくわかっていませんでしたが(笑)、社会人になってこんなにも学びが楽しいとは!と気づいたりしますよね〜。

今回のワークショップは、最近ロサンゼルスでも話題のスポットROW DTLA内にあるShopifyのオープンスペースで行われました。エントランスのタッチパネルで名前を検索してチェックイン、ドリンクや軽食も用意されていてとっても素敵な空間です。

参加者は、ほとんどがスモールビジネスオーナーと見受けられましたが、見た感じ女性が半数以上を占めていたのが印象的でした。

ショッピングサイトを運営している方はもちろん、自社の提供するサービスの認知が低く啓蒙を必要とするような場合にも、有効的な戦略を組むことで売り上げ増にもつながる古来の手法、Eメールマーケティングの基礎。

セミナー内容をざっと紹介すると、

・マーケティング時のEメールの種類
・ツール / プロバイダーの選び方
・法律や規則など
・Eメールマーケティング時の注意事項
・ABテスティング
・コンテンツの作り方
・リストの育て方
・ショッピングサイトにおける戦略
・成果を最大化する
・質疑応答

てな感じで、Eメールマーケティングに関してのサンプルやケーススタディーを交えながらの基本的なお話。

スピーカーの方は早口で、結構さらーっと流れていきましたが、普段意識していなかったことや知っているけど体系化して考えられていなかったことなどをステップに沿って改めて考えるいい機会になりました。

学びを求めれば結構いろんなところでワークショップや勉強会、ミートアップなども探せちゃうこの時代。いろんな場所に足を運ぶのは時間や交通費もかかりますが、それ以上の価値として人との出会いやコミュニケーションから得る気づきや、その空間で感じる空気感を重要視すべきなんだなぁと思いました。

弊社では、Eメールマーケティング・メルマガ導入支援も行っております。ご興味ある方はお気軽にご相談ください。 >Eメールマーケティング・メルマガ導入サービスのご案内

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

板倉光孝 (Mitsu Itakura ゼロハチロック:CEO)

ライタープロフィール

カリフォルニア州レドンドビーチ在住。愛知県豊田市生まれ。21歳で渡米後、レストランでアルバイトをしながら、バンド活動とサーフィンに没頭。メディア運営に興味を持ち始め、ビジネスの世界へ。
全米最大級の日系オンラインメディア運営会社にて、広告販売を中心とした営業部の立ち上げ、新規エリア開拓、マーケティング戦略・イベント企画の立案、遂行など、営業/販売サイドの統括責任者として実績を残す。11年連続売上増に貢献した後退社。2016年1月、米国法人 Zero-Hachi Rock, Inc.を設立。ロサンゼルスを中心に、起業支援、日系企業のセールス/マーケティング支援、日本企業のアメリカ進出支援を主な事業として活躍中!

この著者への感想・コメントはこちらから

Name / お名前*

Email*

Comment / 本文

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用
Universal Mobile

注目の記事

  1. 2020年9月末、ニナは大学に入学する。彼女が進学先として選んだのはカリフォルニア大学(UC...
  2. 2020年10月2日

    豊かな日々を生きる
    「Live rich life」。ピート・ハミルの言葉である。2020年8月5日、彼は85歳...
  3. ケンタッキー州の西部に位置するマンモス・ケーブ国立公園は、複雑に絡み合った小道と大小さまざま...
  4. あなたの食生活は大丈夫? 「体が資本」という言葉がある通り、日々の食事は体の土台を作るための大...
  5. ステンレス製のお皿にライスが隠れるようにルーを全体にかけ、その上にトンカツ、そして付け合わせにはキャ...
  6. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  7. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  8. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
ページ上部へ戻る