ユナイテッド航空
LGBTのインクルージョンに配慮した予約プロセスを導入

ユナイテッド航空は米系主要航空会社として初めて、すべての航空券予約チャネルにおいて「ノンバイナリー」性別(第三の性)に対応することを発表した。予約手続きプロセスおよびマイレージプラスの会員情報において、新たな敬称として“Mx.”を設置。顧客は今後、パスポート等の身分証明証に準じて M(男性)、F(女性)、U(非公開)、X(指定なし) から選択できるようになる。

ユナイテッド航空のチーフ・カスタマー・オフィサーのトビー・エンクイスト氏は、「ユナイテッド航空は、業界を率先してLGBTの顧客への配慮を推進しており、このたび、米系主要航空会社で初めてインクルージョンに配慮した予約オプションを提供できたことを大変誇りに思います。男性、女性、そして性別にとらわれないお客様も含め、すべてのお客様を尊重し、思いやりの気持ちを表していくと同時に、あらゆるお客様と社員を温かく迎える気持ちを持てるように追加の社員教育を実施することを、皆様にお伝えできることを嬉しく思います」と述べている。

この取り組みの一環として、ユナイテッド航空は米人権NGOのヒューマン・ライツ・キャンペーン財団(HRC)やトレバー・プロジェクト(The Trevor Project)とともに、社員研修プログラムを開発。同プログラムでは、顧客が希望する人称やジェンダー規範に関する知識、職場におけるLGBTコンピテンシーなど、ユナイテッド航空がよりインクルージョンに根差した航空会社となるためのノウハウや取り組みなどを網羅している。

HRCでWorkplace Equality Program(職場における平等を推進するプログラム)部長代理を務めるベック・ベイリー氏は、「HRCは、自覚するジェンダーをお互いが認め合うことが他者への尊厳と敬意を重んじることの一部と考えます。ユナイテッド航空は、航空券予約プロセスにおいて「ノンバイナリー」性別に対応し、アカウント情報に敬称Mxを追加することで、ノンバイナリーの性のインクルージョンに向けて重要な一歩を踏み出したのです」と述べている。

また、トレバー・プロジェクトのCEO兼エグゼクティブ・ディレクターのアミット・パレイ氏は、「ユナイテッド航空が、LGBTQの若者の命を救うという我々の活動を支援してくれることに感謝しています。ユナイテッド航空がLGBTQの顧客と社員にとって安全で快適な空間を提供するために、LGBTQの人々のメンタルヘルス(心の健康)に関する当団体の専門知識を提供できることを喜ばしく思います」と述べた。

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

ページ上部へ戻る