〔シンガポール〕セラミック膜ろ過浄水場が開所、世界最大級

アジア発の有効なビジネス情報を手軽にキャッチ!

シンガポールの水道庁に当たるPUBは8月29日、北西部チョアチューカンでセラミック膜を採用した世界最大規模の浄水場を正式に開所した。セラミック膜ろ過方式の浄水場は国内初となる。

新浄水場「チョアチューカン・ウオーターワークス(CCKWW)」は、オランダのPWNテクノロジーズが開発したセラミック膜ろ過システム「セラマック」を使用。1日当たりの処理能力は約18万立方メートルだ。水処理大手メタウォーター(東京都千代田区)がセラミック膜を供給している。

セラミック膜はろ過精度やエネルギー効率、耐久性が高いことで知られる。PUBによると、従来の高分子膜は5年ごとに交換する必要があるが、セラミック膜は20年ほど持つという。PUBはこのほか、PWN、英国の上下水道会社サウス・ウエスト・ウオーターと水処理技術の情報を共有することで覚書を交わした。セラミック膜システムの運用データなどが含まれる。契約期間は5年だ。

CCKWWはもともと、1975年に稼働した国内で最も古い水処理施設のひとつ。2008年に従来の砂ろ過方式を高分子膜処理方式に入れ替えた。11年には、国内初のセラミック膜処理方式を導入した施設に改修するため、同膜を利用した実証プラントを設置。16年にオゾンと生物活性炭(BAC)を組み合わせた高度浄水処理技術を導入するなどして、さらに増改修を行っていた。

情報提供:株式会社NNA
アジア13カ国の拠点から、毎日300本の記事を有料で配信。現地の生きた経済・ビジネス情報を日々、素早く手軽にキャッチできる。現在7000社、約1万6000人のビジネスパーソンが活用。
https://www.nna.jp/corp_contents/infomation/2019/190802_nna/
Pechanga Resort Casino

この記事が気に入りましたか?

US FrontLineは毎日アメリカの最新情報を日本語でお届けします

この著者の最新の記事

関連記事

Universal Mobile
資格の学校TAC
アメリカの移民法・ビザ
アメリカから日本への帰国
アメリカのビジネス
アメリカの人材採用

注目の記事

  1. この原稿を書いているのは2020年6月12日。昨日、ニナの義務教育が終了した。オンラインでの...
  2. アラスカ州とカナダの国境地帯に広がるのは、世界最大規模の自然保護区。北米大陸最高峰の山々に世...
  3. コロナ禍の3カ月の自粛生活は、私たちそれぞれに、自分の忙しい生活を今一度振り返る良い機会とな...
  4. ニューヨークを拠点に、さまざまなセミナー、フェスティバルやディナー会などのイベント、質の高い日本食を...
  5. 疲労の原因には、精神的ストレス、身体的ストレス、生活環境ストレス...
  6. 2020年6月6日

    第74回 世界は変わる
    新型コロナウィルス(COVID-19)の世界的大流行が起こってから、約2カ月が過ぎようとして...
  7. 2020年6月5日

    第82回 実践的教育
    この原稿を書いている2020年4月現在、全米は新型コロナウイルスのパンデミックの渦中にある。...
  8. アメリカ先住民族であるプエブロ族は2000年以上もの間、アメリカ南西部の広大なエリアで生活を...
  9. 新型コロナウィルスの影響により、2021年の入試の状況は変更となる可能性があります。 中学受験...
  10. 2020年4月5日

    第73回 明日の家
    最近、自己反省する機会があった。 家の売買を仕事としているので、ありとあらゆる家を見て...
ページ上部へ戻る